≪ 地 質 百 景 U その2≫

その3→
←その1






【あらぎ島の棚田】 和歌山県有田川町
 穿入蛇行する有田川の蛇行洲を開拓した棚田。河川地形を有効に利用した珍しい棚田であり,春夏秋冬ごとに違った顔を見せてくれる。国道旧480号線沿いに全貌を見渡せる絶景ポイントがある。全体撮影はここからのみ可能である。

【名島の帆柱石】 福岡県福岡市
 福岡市東区の名島海岸に横たわる珪化木。この珪化木は古第三紀の礫岩砂岩に含まれる樹幹化石である。写真の左下が礫岩,写真の右上が砂岩で,化石はその間に挟まれて産出している。全体が帆柱に似ているので昔から帆柱石と呼ばれている。

【白崎の石灰岩オリストリス】和歌山県由良町
 白崎海岸の石灰岩は中生代の地層に取り込まれた古生代の巨大オリストリスである。このオリストリスは海山石灰岩が陸側に付加されたときにばらばらに砕け,陸源堆積物に混在したものである。白崎の石灰岩採掘後は今では海洋公園となっている。

【屋形石の七ツ釜】 佐賀県唐津市
 「七ツ釜」では立神岩同様に東松浦玄武岩が露出しており,立神岩同様に柱状節理が美しい。「七ツ釜」の名称は玄武岩に形成された七つの海食洞にちなんだもの。大正14年(1925)に国の天然記念物に指定されている。

【芥屋の大門】 福岡県糸島市
 白亜紀後期の糸島花崗閃緑岩に貫入したアルカリ玄武岩の大岩脈で,柱状節理が見事である。貫入時期は約300万年前(鮮新世後期)。高さ約65mの巨大岩体である。昭和41年(1966)に国の天然記念物に指定されている。
【雲仙火山火砕流堆積物】 長崎県南島原市
 解説板によると,崖の下部が古期雲仙火山(約50万年前に噴出),上部が中期雲仙火山(約20万年前)の火砕流堆積物である。その下には口之津層群(約200〜70万年前)が露出し,古期雲仙との間には20万年の堆積間隙があって両者の関係は不整合となる。

【唐津の立神岩】 佐賀県唐津市
 松浦半島では中新世後期から鮮新世に噴出した東松浦玄武が,溶岩台地を形成している。海岸に降りると玄武岩が良く露出している。この立神岩もその例である。この岩体は二つの巨大な石柱が寄り添うように屹立しているので夫婦岩とも呼ばれる。

【関之尾の甌穴】宮崎県都城市

 入戸火砕流堆積物に形成された甌穴群。写真のすぐ向こうには100名瀑の関之尾滝がある。甌穴群沿いには遊歩道が設けられているが,立入禁止地区が多い。この甌穴群は,国の天然記念物(昭和3年(1928)に指定)であるが,和歌山県の「滝の拝」の甌穴群の方が学術的にも景観的にも上である。

【シラス台地をつくる巨大火砕流堆積物】
鹿児島県曽於市
 鹿児島湾北部の姶良カルデラは2万8千年前の巨大噴火によって形成されたもので,その際に膨大な量の入戸火砕流を流出し,今のシラス台地を形成した。写真はその入戸火砕流堆積物の露頭である。そのとき噴出した姶良Tn火山灰は日本列島全域に降り注いだことが分かっている。

【日南海岸鵜戸岬の奇岩】宮崎県日南市
 鵜戸岬には青島の「洗濯板」同様に宮崎層群の砂岩層が露出しているが,青島よりも浅い海に堆積したことが違っている。奇岩を演出しているのは砂岩に含まれる大小の団塊である。宮崎層群は約1100万年〜150万年前の長期に渡って堆積した地層である。

【高千穂峡の柱状節理】 宮崎県高千穂町
 高千穂峡谷は12万年前と約9万年前の阿蘇山大噴火に凝灰よって堆積した凝灰岩が下刻侵食されて形成されたもの。特に9万年前の噴出物はAso-4と呼ばれ,阿蘇カルデラと阿蘇山周辺に広い火砕流台地を形成し,その先端は島原や天草にまで達した。

【串本の橋杭岩】 和歌山県串本町
 中新世中期の初期(約1400万年前)に熊野層群
に貫入した石英斑岩の岩脈。紀伊半島の隆起陸
化によって地表に現れ,それに伴って侵食され今
の形になったもの。船着場から容易に撮影でき
る。大正13年(1924)国の天然記念物に指定され
た。

【日南海岸青島の洗濯板】宮崎県宮崎市
 学校の理科教科書や地学の教科書で必ず載っている「洗濯板」は,宮崎層群中部の砂岩泥岩層からなる隆起波食台である。波食台上に凹凸が出来たのは,侵食に強い砂岩が凸となり,弱い泥岩が凹となったから。昭和9年(1934)に国の天然記念物に指定。

【犬山のレッドチャート】 岐阜県各務原市
 木曽川河床の赤色(レッド)チャート層。この辺りの河床には美濃帯堆積岩類がきれいに露出しており,地質学的にも貴重である。ここでの放散虫化石の研究から,古生代と言われていた地層が実は中生代であることが判明し,その後の付加体テクトニクスの確立に大きく貢献した。時代は中生代三畳紀(約2億年前)。

【木曽川の化石林】 岐阜県美濃加茂市
 木曽川渇水期の河床で見られる。河床から突出しているのが木の幹の化石(珪化木)で,立ち木のまま土砂に埋もれたもの,ここの化石林は,今から約2000万年前の瑞浪層群と呼ばれる中新世の地層から産出する。平成8年夏の大渇水期には,これよりももっと大きな樹幹が並ぶ化石林が出現したことが,解説版に記されている。

【高池の虫喰岩】 和歌山県古座川町
 熊野酸性火成岩類に属する流紋岩質凝灰岩が虫食い状に風化したもので,国の天然記念物に指定されている。この凝灰岩岩体は円弧状岩脈として約30km伸びており,一枚岩や牡丹岩などの景勝地をつくっている。時代は中新世中期。見学しやすいようにきれいに整地されている。

【紀伊大島の海金剛】 和歌山県串本町
 隆起し続ける流紋岩の岩体が,波浪によってノコギリ状に侵食されて形成された海食地形。流紋岩は潮岬火成複合岩類の一員で,周辺の流紋岩質火砕岩に貫入したもの。溶岩ではなく貫入岩であることは海岸に下りて観察すればよく分かる。貫入時期は橋杭岩の石英斑岩とほぼ同時期と推定されている。

【古座川の一枚岩】 和歌山県古座川町
 虫喰岩同様に,熊野酸性火成岩類の流紋岩質凝灰岩の巨
大岩体であり,国の天然記念物にも指定されている。虫喰岩
をつくる凝灰岩岩体がここまで連続して一枚岩となっているの
である。スケール感を出すのが難しいが,近くに桜並木があり
サクラと絡めて撮れそうである。

【小川の滝の拝】 和歌山県古座川町
 古座川支流の河床に形成されたポットホール(甌穴)。今から
約1600万年前に堆積した熊野層群下里累層の砂岩に形成さ
れたもの。ここではホール(穴)だけでなくトレンチ(溝)も形成さ
れている。数多く訪れた甌穴の中ではベストの場所であり,天
然記念物の価値が十分ある。

【熊野灘の鬼ヶ城】 三重県熊野市
 流紋岩質軽石凝灰岩に形成された海食地形。虫喰岩や一枚岩と同じく,熊野酸性火成岩類に属するが,両者が円弧状岩脈の一部であるのに対し,こちらは巨大な花崗斑岩の岩体周縁に位置している。海岸沿いの遊歩道は現在では途中の千畳敷までしか見学できない。国指定の天然記念物である。

【田子のさらし首構造】 和歌山県串本町
 双島に続く波食台を歩くと大小の岩塊がさらし首を並べているように見える。「さらし首」構造と呼ばれるゆえんである。この構造は,四万十帯の最後の付加体であ牟婁(むろ)層群に形成された乱堆積構造である。海中の堆積物が斜面を一団となって流下したときに大小の岩塊が混在したもまま固結し,隆起陸化したもの。時代は前期中新世。

【竜串海岸の地層模様】 高知県土佐清水市
 竜串海岸には中新世(今から約2000〜1500万年前)の浅海堆積物である三崎層群竜串層が露出する。海岸には遊歩道が整備され,特徴ある地層の模様に対して愛称がつけられている。例えば写真の砂岩には,竹の節目のような模様が見られることから,「大竹小竹」の愛称が付けられている。

【熊野灘の獅子巌】 三重県熊野市
 熊野酸性火成岩類に属する流紋岩質軽石凝灰岩に形成された海食地形。岩の形が咆哮する獅子に見えることから獅子巌と言う。鬼ヶ城と合わせて国の天然記念物に指定されている。
 国道のすぐそばにあるので撮影しやすく,朝景よし夕景良しの撮影ポイントである。

【梶谷鼻の片状石灰岩】 愛媛県伊方町
 佐多岬半島の梶谷鼻には,片状石灰岩が見られる。左の白っぽい崖が石灰岩,その右の頭状の岩礁は塩基性片岩である。佐多岬半島は三波川変成帯と呼ばれる低温高圧の広域変成帯に属しているので,層状に挟まれている梶谷鼻の石灰岩も高圧低温の変成作用を受け,強く片岩化している。石灰岩が海岸に露出しているのは,日本ではここと紀伊半島の白崎石灰岩,三陸海岸の大理石海岸の三箇所のみ。

【足摺岬の白山洞門】 高知県土佐清水市
 足摺岬の見所の一つが白山洞門。波の侵食作用によってうがたれた洞穴を海食洞と,トンネルとなったものを海食洞門と呼ぶが,この白山洞門は花崗岩からなる洞門としては日本一の規模とのこと。ただし現地での観察や文献を調べると,構成岩石は斑れい岩である。なお見学には,急勾配の遊歩道を歩く必要がある。県指定の天然記念物。

【ホルンヘルス断崖】山口県萩市
 国の天然記念物に指定されたこの海食崖に露出するのは須佐層群。今から約1500万年前の浅い海に堆積した地層で,黒い部分は泥岩,白っぽい部分は砂岩である。縞模様をつくる地層の典型として,教科書や専門書に良く掲載されている露頭である。ちなみにホルンヘルスとは接触変成岩の中で最も変成度が低い岩石のこと。ただし近寄って観察しても普通の堆積岩にしか見えない。なお散見される【ホルンヘルス断「層」】の表記は間違い。指摘されたのか案内板も「層」の箇所に張り紙をして「崖」になっておりました(笑)

【平尾台のカルスト台地】北九州市
 三郡帯を構成する大規模な石灰岩岩体が地表に露出し,侵食されて形成されたカルスト台地。平尾台の石灰岩は再結晶化して硬くなっているため,頭部が丸みをおびた形になっているのが他のカルスト台地と異なり,それが魅力となって風景写真の良き被写体となっている。平尾台の石灰岩は,古生代の海底火山上に形成された石灰礁が,プレートの沈み込みによってユーラシア大陸の縁辺部に付加したもので。堆積年代は二畳紀,今から約2億5千万年前と推定され,付加年代はそれから約1億年後の中生代と推定されている。


このページのトップへ

日本列島地質百景 U のトップページへ