≪ 地 質 百 景 U その1≫

その2→ 



【秋吉台のカルスト地形】山口県美祢市
秋吉台の石灰岩岩体は,日本列島の基盤岩を構成する秋吉帯に属するもので,古生代二畳紀の海底火山上の石灰岩礁が,中生代に太平洋プレートのもぐりこみによってユーラシア大陸の縁辺部に付加したものである。ここの石灰岩の特徴は,平尾台と違って熱変成作用を受けていないため,岩の外形がごつごつしていることである。遊歩道に沿って台地の奥深く進むと,上の写真のようにドリーネ(大穴)やウバーレ(ドリーネがつながったもの)による凹凸地形が雄大な景観を楽しむことができる。

【万倉の大岩郷】山口県美祢市
中国地方には白亜紀の花崗岩や火山岩が広範囲に分布し,節理(岩の割れ目)が良く発達する。何百万年もの間に雨水による侵食が進むと節理面が拡大する。そして豪雨による土石流の発生や地震による衝撃などが引き金となって岩塊が谷底に集積する。更に両側の山稜の侵食が進んで低平となり,岩のあいだの泥や砂が流されると,上の写真のような大岩郷(岩海)が形成され,結果的に不思議な景観となる。万倉では最も規模の大きな岩海が見られるが,広島にも「久井・矢野の岩海」があり,いずれも国の天然記念物に指定されている。

【高山の磁石岩】山口県萩市
高山山頂にある斑れい岩の岩体。強い磁気を帯びているので地元では磁石岩とも呼ばれている。国の天然記念物。

【紀伊半島の石や塔】奈良県下北山村
四万十帯の直立したアルコーズ砂岩層が差別侵食されて形成された組織地形。川霧に浮かび上がる石塔状の景観で有名。

【曽爾村の屏風岩柱状節理】
約1500万年前に噴出した室生火山岩に形成された柱状節理の岩壁。紅葉が見事である。

【浜中町の根室層群】北海道浜中町
白亜紀〜古第三紀の海成層。砂岩泥岩層に白っぽい凝灰岩層が挟まれている。

【根室半島の根室車石】北海道根室市
放射状節理が発達した根室層群中の玄武岩。これほど見事な放射状節理は貴重であり,国の天然記念物に指定されている。

【オンネトーの湯の滝】北海道足寄町
先カンブリア時代の海で起こったと言う「細菌によるマンガン酸化物の生成作用」がこの滝で今も生じていることが分かり,国の天然記念物の指定された温水の滝。

【層雲峡の柱状節理】北海道上川町
:大雪山から第四紀に噴出した層雲峡溶結凝灰岩に発達する柱状節理が見事である。左が銀河の滝,右が流星の滝。

【天人峡の柱状節理】北海道美瑛町東川町
層雲峡と同じく層雲峡溶結凝灰岩が露出している。柱状節理の発達はこちらの方が典型的で美しい。また紅葉とのコラボも美事。

【白樺峠の千畳くずれ】北海道上士幌町
山腹斜面から転げ落ちた岩塊の集積で中国地方の岩海のようなもの。ここでは崖錐であるが泥の部分が雨水等によって流されて岩塊のみが残っている。

【赤岩青巌峡のレッドチャート】北海道占冠村
今回は紅葉の季節を見計らっての訪問。あいにくの強雨によって濁流となっていたのが残念。

【夕張川の千鳥ヶ滝】北海道夕張市
中新世前期の滝ノ上層を侵食して形成された滝。今回は青空快晴だったので広角レンズで空と雲を入れ込んでみた。

【石狩川神居古譚変成岩】北海道旭川市深川
北海道の中軸部に露出し,白亜紀に変成作用を受けて形成された付加体深部の変成岩。主に結晶片岩から構成されている。

【スコトン岬の粗粒玄武岩】北海道礼文島
新第三系浜中層に貫入した今から約1000万年前のドレライト。柱状節理が見事に発達している。

【島根半島の洗濯岩】島根県松江市
:中新世の牛切層が形成する波食棚。砂岩,泥岩,凝灰岩がリズムカルに繰り返し,地層全体が陸側に湾曲している。

【樽前火山の樽前ガロー】北海道苫小牧市
崖の高さ10mほどの小規模な峡谷。崖に露出する地層は樽前火山から完新世に噴出した軽石質火砕流堆積物。渓流は極めて清澄である。

【長流川の白絹の床】北海道壮瞥町
中新世長流川層を構成する変質した火砕岩が河床に露出したもの。火砕岩の傾斜角度と河床勾配が等しいため,同一の火砕岩が連続的に露出する。

【昭和新山】北海道壮瞥町
1943〜1945年の噴火活動によって形成された溶岩円頂丘(溶岩ドーム)。有珠火山の側火山で三松ダイアグラムでも有名。

【赤岩青巌峡のレッドチャート】北海道占冠村
北海道中央部を南北に走る低温高圧型「神居古譚帯」の弱変成岩が露出する峡谷。赤色岩は層状チャート。紅葉の名所でもある。

【夕張川の千鳥ヶ滝】北海道夕張市
中新世前期の滝ノ上層を侵食して形成された滝。滝ノ上層は役70度傾斜,走向は川の流路と一致している。ここも紅葉名所である。

【苫前町の海岸露頭】北海道苫前町
苫前から羽幌にかけての海岸には,主に鮮新世の遠別層が連続的に露出しており,地層観察の好適地となっている。

【宗谷丘陵の周氷河地形】北海道稚内市
宗谷丘陵にのみ見られるのがこの周氷河地形。遠くに林立しているのは風力発電所の風車群。

【根羽村の亀甲石】長野県根羽村
中新世中期に噴出した津具火山岩類に属する玄武岩。見事な柱状節理が発達している。

【伊豆大島の地層断面】東京都大島町
通称「バームクーヘン」とも。三原山から噴出したスコリアや火山灰などが降り積もったもの。間歇的に降り積もったためにバームクーヘンのような縞模様が形成されたもので,貴重な地質遺産である。

【熊野灘の七里御浜】三重県御浜町
およそ20kmに渡って連続する礫浜。熊野川から供給された礫が熊野灘の沿岸流によって運ばれ,波によって海岸に打ち上げられて形成されたもの。

【熊野灘の楯ヶ崎】三重県熊野市
花崗斑岩に形成された柱状節理が生み出した景観美。花崗斑岩は中新世中期に紀伊半島東部に広く活動した熊野酸性岩類のメンバー。

【山陰海岸の玄武洞】兵庫県豊岡市
約180万年前に噴出した玄武岩マグマが固結したときに形成された柱状節理が見事。玄武岩と言う岩石名の由来となった場所。

【竹野海岸のはさかり岩】兵庫県豊岡市
右の写真のような海食洞門の天井部分が崩落し,両側の岩に挟まれてれて形成されたと考えられている。地層は新第三紀の凝灰角礫岩。

【浦富海岸の千貫松島】鳥取県岩美町
白亜紀後期の鳥取花崗岩に形成された海食洞門。小型船が洞門を潜り抜けるのが海岸遊覧船の見所。

【美保関隕石】島根県松江市
1992年12月10日に美保関の民家に落下した石質隕石(コンドライト)。現在は七類港に隣接するメテオプラザに展示され,見学することができる。<許可を得て撮影・掲載しています>

「百彩」「百景」の「百」は「いろいろたくさんの」と言う意味です。「日本百名山」のようにキッチリした数字ではありません。

このページのトップへ

日本列島地質百景 U のトップページへ
日本列島地質百景 その5
日本列島地質百景 その4
日本列島地質百景 その3