≪ 地 質 百 景 U その3≫

←その2                                                                                       その4→



【渡島駒ヶ岳と大沼】 北海道渡島半島
 手前の大沼は,駒ヶ岳の1640年大噴火によって形成された堰止湖である。その時の山体崩壊で発生した岩屑なだれによって堰き止められたもの。大沼に散在する小島は,山頂部からスライディングして来た「流山(ながれやま)」である。山頂部には爆裂型カルデラが形成された。現在は大沼国定公園となっている。

【出来島海岸の最終氷期埋没林】 青森県つがる市
 水平に堆積している黒い地層は最終氷期(1万年前以前)に堆積した泥炭層で,海岸沿いに約1km以上続いている。その中に氷期に繁栄した針葉樹の倒木や樹幹が埋積されている。年代が判明したのは,地層に約2万7千年前に降下したAT火山灰(鹿児島湾から飛来したもの)が挟まれていることから分かった。

【恐山 賽の河原】 青森県むつ市
 恐山は下北半島の突端にある火山で,カルデラ湖の宇曽利山湖と外輪山からなる。賽の河原はカルデラ底からの噴気が今も活発で,草木も生えない場所。その地獄を思わせる景観から,日本三大霊場の一つになっている。口寄せのイタコでも有名。

【深浦海岸の千畳敷】 青森県深浦町
 1792年の寛政地震によって波食台が隆起陸化したのが千畳敷。ほぼ1kmに渡って奇岩・怪石が海岸沿いに見られる。2枚目の写真は,「かぶと岩」と呼ばれる奇岩。岩石は新第三紀の安山岩質の火山礫凝灰岩から凝灰角礫岩である。

【日本キャニオン】 青森県深浦町
 十二湖に向かう途中にある山肌がむき出しになった断崖が印象的。駐車場から展望台まで歩いて20分程度を要する。地質は,もろい新第三紀の流紋岩火砕岩である。深層風化によってもろくなった山体が,大地震や大雨が引き金となって,大規模な山崩れを起こしたものである。

【川原毛地獄】 秋田県湯沢市
 火山活動の余熱によって今も活発な噴煙が見られ,そのため草一本生えない地獄のような景観が展開している。恐山,立山と並ぶ地獄風景三大霊地のひとつだが,迫力から言うとここが一番。地質は,新第三紀の流紋岩火砕岩である。近くにある大露天風呂の川原毛大湯滝は,秘湯中の秘湯である。

【十六羅漢岩】 山形県遊佐町
 鳥海山から噴出した安山岩溶岩に刻まれた石像。溶岩が日本海に注ぎ込む海岸に,16体の羅漢像など,総計22体の石像がある。約150年前の幕末,酒田の寛海和尚が,日本海で遭難した漁師の供養と,航海の安全を祈願するために一念発起して,石工たちと彫刻したものである。

【層状チャートに見られる横臥褶曲】 岐阜県関市
 板取川上流は日本有数の清流であり,初夏には真っ赤なイワツツジが河床に咲く。河床には中生代の付加体である灰色の堆積岩が露出しており,赤いツツジとのコントラストが美しい。撮影には,ツツジだけでなく堆積岩の褶曲模様も生かしたい。画像では層状チャートの褶曲構造とイワツツジを構図した。

【さざれ石公園】 岐阜県揖斐川町
 国歌「君が代」に歌われるさざれ石を祭る公園。ここのさざれ石は,伊吹山石灰岩起源である。さざれ石は石灰質角礫岩のことで,角礫となった石灰岩が水に溶けた石灰成分によって固まったもの。日本のあちこちの有名神社にさざれ石が飾られているが,その多くはここ揖斐川町から産出したもの。

【横山楡原衝上断層】 岐阜県飛騨市
 衝上断層とは,古い岩体が新しい岩体の上に低角度でのし上がった断層のこと。画像では下の層状部分が中生代後期の手取層群(堆積岩),上の部分が中生代中期の船津花崗岩(火成岩)で,その間の境界が衝上断層である。この衝上断層は中生代末に形成されたもの。

【能登金剛】 石川県志賀町
 能登半島は新第三紀の火山岩や堆積岩によって占められ,入り組んだ海岸線,断崖絶壁,点在する奇岩・怪石が魅力の地。能登金剛には多くの観光スポットがあり,千畳岩巌門はその一つ。画像は巌門の海食洞門である。二枚目の画像は巌門近くの器具岩。

【曽々木海岸】 石川県輪島市
 曽々木海岸では,流紋岩質の溶岩や凝灰岩からなる断崖絶壁が続き,「能登の親不知」と呼ばれるほどの難所。ここにある垂水の滝は,冬には強風にあおられて滝水が空中に舞い上がることで有名である。

【鬼岳噴石丘と熔岩海岸】 五島列島福江島
 鬼岳は,数万年前にアルカリ玄武岩質の溶岩や火砕物を周辺に噴出した噴石丘である。福江島には,このような規模の小さい火口が何箇所もあってあちこちで溶岩台地を形成している。撮影中に雲の切れ間から太陽の光が突然,鬼岳を照らしてくれた。

【三井楽の玄武岩溶岩台地】 五島列島福江島
 福江島北西部に位置するのが三井楽の溶岩台地。これは高浜展望台から北を望んだもので,真ん中にあるのが京ノ岳。これもアルカリ玄武岩質の噴石丘である。その周りには,溶岩などの噴出物が平らな台地を形成している。福江島の玄武岩は,日本で大部分を占める弧状列島タイプではなく,大陸タイプのアルカリ玄武岩である。これは大陸との関連が想定される珍しいもの。なお2枚目の写真は,次の嵯峨ノ島を遠望したもの。

【嵯峨ノ島の千畳敷】 五島列島嵯峨ノ島
 嵯峨ノ島は,男岳と女岳の二つの玄武岩噴石丘から噴出した火砕物がつながって出来た島。千畳敷は,島の北部に位置する男岳からの火砕物が海岸につくった平らな台地で,縞状の堆積構造が見事である。玄武岩質の火砕物を詳細に観察できる場所は意外と少なく,日本でも貴重な場所である。

【赤岳(アカダキ)断崖】 五島列島中通島
 船着場にある大きな崖で,小噴石丘からの噴出物断面が,海食作用によって現れた大露頭である。下部の白っぽい地層が玄武岩の岩片やスコリアを含んでいる火山礫凝灰岩層,上部の赤色の地層が玄武岩質のスコリア層で多量の火山弾を含んでいる。アカダキ断崖の名称はこの地層にちなむ。対岸に沈む夕陽は絶景。

【大瀬崎断崖】 五島列島福江島
 五島列島最大の島である福江島。その西端に位置する断崖であり,日本で最後の夕陽を拝める断崖でもある。展望台から大瀬崎灯台を臨むが,断崖を形成する新第三紀五島層群の砂岩は,海側に傾斜している様子が見える。ちなみに灯台までは歩いて30分は要するが,そこからの眺める夕陽は絶景である。

【漣の化石】 五島列島福江島
 五島層群に見られる漣の化石,つまり波の化石である。岩盤の表面に見られる皺のような模様がそれで,砂の上面に残された波模様(英語ではリップルマーク)が化石として残されたもの。堆積構造の一種で,砂岩層の上面に残されるので,地層の上下判定に良く利用されている。

【堂崎天主堂の大転石】 五島列島福江島
 堂崎天主堂前の海辺に転がっている大石である。そのあまりのまん丸さと,不思議なラインに興味を覚えて思わず撮影した。しげしげ観察して,大石は五島層群の砂岩礫であること,不思議なラインはビッシリと貝殻が付着している上限のラインであることが分かった。これは満潮時の汀線跡であろう。それにしても,これだけの大石が孤立してここにある理由が,良く分からない。
【塩俵断崖の玄武岩柱状節理】 長崎県生月島
 生月島には,新第三紀の北松浦玄武岩が広く分布しており,海岸沿いには玄武岩の海食崖が見られる。塩俵断崖はその代表的なもので,俵を積み重ねたような柱状節理が発達している。崖は西に面しているので,夕陽によって照らされた岩壁がピンク色に染まる夕景は絶景である。遊歩道や駐車場も整備されているので,アプローチも容易である。

【泉山磁石場】 佐賀県有田町
 有田焼の原料となった有田陶石の採石場跡。磁器原料となる陶石を求めていた朝鮮陶工の李参平が1614年に発見し,日本で始めて磁器を焼いた契機となった記念碑的な採石場である。現在では採石されていないが,李参平を称える記念碑が建てられ,辺りは公園となっている。有田陶石は新第三紀の有田流紋岩が熱水変質作用によって陶石化したものである。ただし品質的にはその後発見された天草陶石が上。

【室戸半島の付加体堆積岩】 高知県室戸市
 紀伊半島・四国・九州それぞれの南部を構成する堆積岩は 新生代にフィリッピンプレートの潜り込みによってユーラシア大陸に付加された地層 深海と浅海での堆積物が入り混じっているが ここ室戸岬では浅海で堆積した砂岩と泥岩の互層が美しい縞模様を形づくっている 地層が変形しているのはプレートの運動によって地層が陸に隆起した時に変形したから
 遠くに見えるのは室戸岬灯台 日本の灯台50選のひとつ


このページのトップへ

日本列島地質百景 U のトップページへ