≪ 地 質 百 景 U その4≫

←その3                                                                                      その5→




【隠岐島前の知夫赤壁】 島根県知夫里村
 アルカリ玄武岩火砕岩からなる比高200mの海食崖  赤味の強い崖が大変ユニークであり 国の天然記念物に指定されている  中央の垂直の岩柱は粗面岩(アルカリ長石に富む中性火山岩)の岩脈である  島前3島は海没した陥没カルデラの残存地形 ここ知夫赤壁は 外通天橋や摩天崖同様に外輪火山部に相当しており 崖の構成物は中央火口から噴出したアルカリ玄武岩の噴出物が堆積したものである
【隠岐島前の通天橋と摩天崖】  島根県西ノ島町
 典型的な天然橋である  天然橋はアーチ状の海食洞門のこと  海食洞門は 海食洞の侵食が進んで両側に開口したもの 海食洞は波浪によって断崖に掘られた洞穴である  地層は新生代鮮新世のアルカリ玄武岩の溶岩や火砕岩である  断崖には縞模様が見られるがこfれが地層の層理面に当たる  西ノ島のほとんどはこの玄武岩から構成されており カルデラ火山の外輪体に相当することが分かっている

【隠岐島後の浄土ヶ浦海岸】  島根県隠岐の島町
 島後は入り組んだ海岸線に沿って断崖絶壁や入江が連続するが 西海岸の浄土ヶ浦ではそれが特に美しく 島後の観光スポットの一つとなっている  特に打ち寄せる大波の姿は一見の価値がある  地質は中新世前期の安山岩流紋岩の溶岩や火砕岩 中新世後期の粗面岩(アルカリ成分に富むSiO2量が安山岩相当の岩石)である  海岸には景観を堪能するために遊歩道が整備されている  

【隠岐島後の白島海岸】  島根県隠岐の島町
 島後最北端に位置する観光スポット  入り組んだ海食崖と点在する島々 それらに打ち寄せる白波が美しく 遠くからは静かな波音が繰り返し聞こえてくる  展望台に立つと 遠く日本海の水平線を望めるが 2500万年前には日本海は無く 日本列島とユーラシア大陸は一続きの陸地であったと言われている  地質は 中新世後期のアルカリ流紋岩の溶岩や火砕岩である  国指定の天然記念物である

【隠岐島後の福浦トンネル】  島根県隠岐の島町
 隠岐の島の海岸では 断崖絶壁が続く  この福浦トンネルは 島後の交通の便をはかるため 明治初期に手作業で掘られたもの  岩石が柔らかなアルカリ流紋岩火砕岩のため 手作業による掘削が可能であったのであろう  新しく掘られたトンネルのため その岩肌では 火砕岩の岩相の特徴を観察できるが 平行葉理や斜交葉理が発達しているので この火砕岩が水中火砕流堆積物であることが分かる

【石見畳ヶ浦のノジュール列】  島根県大田市
 畳ヶ浦には 今から約1600万年前に堆積した唐鐘累層と呼ばれ 浅海に堆積した地層が露出し 保存のよい貝化石を産出することで知られている  この累層は砂岩と礫岩が交互に堆積しており 砂岩の中には大きなノジュール(団塊)が多数含まれている  海岸を歩くと 波食棚上に無数のノジュールが配列していることが分かる  その見事さから 畳ヶ浦の唐鐘累層は 国の天然記念物に指定されている

【石見銀山の龍源寺間歩(まぶ)】  島根県大田市
 間歩とは当時の銀山坑道のことで 現在常時公開されているのが この龍源寺間歩  石見(いわみ)銀山は16世紀から1923年まで 約400年間にわたって採掘された世界有数の銀鉱山で 16世紀から17世紀初めにかけては 世界の銀産出総量の三分の一を占めるほどであった この銀山は 180万年前に噴出した大江高山火山のデイサイト火砕岩に形成された鉱床を採掘したもの 2007年に世界遺産に登録されている

【帝釈峡雄橋の石灰岩アーチ】  広島県庄原市
 この石灰岩アーチも羅生門と同じく 上部古生界の石灰岩である  成因もドリーネの残骸とみなされる しかしそのスケールと美しさは こちら雄橋の方が圧倒的である  雄橋へは駐車場から歩いて20分ほど  途中に白雲洞と呼ばれる鍾乳洞があり 内部を見学できる また帝釈峡南の神竜湖は紅葉の名所として知られており シーズンには多くの紅葉狩り観光客が訪れる  雄橋は国の天然記念物

【鬼の舌震(したぶるい)】  島根県奥出雲町
  中国山地を侵食して形成された峡谷であるが ここ鬼の舌震では 両側の急崖から転落した花崗岩の巨岩が川底を埋め尽くしている  このような峡谷が なにかのキッカケで水が流れなくなると 右のような岩海となる  鬼の舌震では 花崗岩に甌穴(ポットホール)が見事である(下の画像)  崖沿いには遊歩道が整備されている  紅葉の季節も美しい  国の天然記念物である  鬼舌振(おにのしたぶる)とも呼ぶ

【久井の岩海】  広島県三原市
 中国山地の主要部を構成している花崗岩類  この花崗岩類(久井では花崗閃緑岩)から由来した岩塊が集積した場所があちこちに存在している  これを岩海(がんかい)と呼んでいる  山腹の花崗閃緑岩が風化分解して大石となって川底に転落して集積し 何らかの原因によって川が流れなくなって大岩だけが残ったもの  久井岩海では3筋の流れが残っており 日本最大の規模を誇っている  国の天然記念物

【羅生門の石灰岩アーチ】  岡山県新見市
 中国山地の地質は 中生代白亜紀に噴出した酸性火山岩類 そのマグマだまりが固化した花崗岩類によって広範囲に占められているが 当時の基盤岩であった中国帯上部古生界の古生代石灰岩も火成岩類のあいだに露出し 多くの鍾乳洞やカルスト地形を形成しているて  羅生門の石灰岩アーチも中国帯石灰岩の一つである  この石灰岩アーチは崩壊したドリーネの残骸である  第一洞門には駐車場から歩いて10分ほどで到着する  アーチはこの第一洞門から第四洞門まであるが 第四洞門は植生保護のために立入禁止の措置が取られている  羅生門の石灰岩アーチは 帝釈峡の雌橋とともに 国の天然記念物に指定されている

【石山寺の層状石灰岩】  滋賀県大津市
  石山寺への訪問は10数年ぶり 石山寺には天然記念物の
「珪灰石」があり 石山寺と言う寺号の由来となっている  写
真はその「珪灰石」  撮影したのは6月新緑の頃だが サクラ
や紅葉の季節も風情があり 観光客の姿が絶えない名刹であ
る  奥に見える塔は国宝の多宝塔で 鎌倉時代に建てられ
た日本最古のもの  普通切手の図案にも用いられたことで
有名   なお珪灰石は熱変成によって形成されたカルシウ
ムに富む珪酸鉱物で ここではその集合体が弱変成の層状
石灰岩を形成している その石灰岩は写真で分かるように横
臥褶曲構造を形成している  天然記念物にふさわしい極め
て稀な岩体である

【桜咲く小原の材木岩】 福島県白石市
 東北の桜撮影旅のついでに数年ぶりにここを訪れた,地質内容は「小原の材木岩」に書かれている通り。東日本大震災でここの露頭が大崩壊したとあったので気になっていたことと,桜が咲いているのではないかと思っていたからだ。幸い桜は満開であったが,露頭の一部は崩壊し,道路沿いの崖も崩壊する恐れがあるので立入禁止となっていた。その様子はいずれ別の機会に書きたい。とにかく前回撮影した画像は貴重な記録となってしまった。

【泉山磁石場】 佐賀県有田町
 有田焼の原料となった有田陶石の採石場跡。磁器原料とな
る陶石を求めていた朝鮮陶工の李参平が1614年に発見し,
日本で始めて磁器を焼いた契機となった記念碑的な採石場で
ある。現在では採石されていないが,李参平を称える記念碑
が建てられ,辺りは公園となっている。有田陶石は新第三紀
の有田流紋岩が熱水変質作用によって陶石化したものであ
る。ただし品質的には その後発見された天草陶石の方が
上。


このページのトップへ

日本列島地質百景 U のトップページへ