阿 波 の 土 柱
The earth pillors named Awa-no-dochu in Awa, Tokushima Prefecture

<徳島県阿波市>
  讃岐山脈南の阿波の土柱は,地層が雨水によって侵食されて柱のようになった侵食地形です。小さな土柱は
日本各地にありますが,ここ阿波の土柱ほど人家に近くて大規模なものはありません。ですから,四国における観光
スポットの一つになっています。侵食されて柱や柱状となった箇所には,波濤嶽,橘嶽,筵嶽,不老嶽,燈篭嶽と
言った難しい名称が付けられています。波濤嶽はその代表で,南北約90m,東西約50mの範囲の中に,高さ約13
mにも及ぶ見事な土柱群が形成されており,昭和9年(1943)に国の天然記念物に指定されています(二枚の写
真)。昭和31年(1956)には放浪画家山下清(当時34才)がこの地を訪れ,「これ人間が作ったものとは違うんだろう
な。わざわざつくるのは,ばからしいもんな。」と言いつつ見事な土柱を描いています。
  土柱を造る地層は土柱層と呼ばれています。土柱層は礫混じりの水平な地層からなりますが,堆積相を調べる
と,讃岐山脈から吉野川に注ぐ支流(側流)によって堆積した扇状地性堆積物(支流型)と,吉野川本流によって堆積
した氾濫原堆積物(本流型)に分けられます。土柱層の北には,中央構造線(MTL:Median Tectonic Line)が走って
います。MTLは関東地方から九州地方まで,ほぼ東西方向に約1000kmに渡って日本列島を横断している第一級
の構造線で,その一部は活断層系となっています(活断層となっている部分を特に中央構造線活断層系と呼んでい
ます)。土柱層付近では,讃岐山脈南縁を走る活発な活断層系となっており,第四紀には右横ずれ運動とともに,
北側(つまり讃岐山脈側)が隆起し,南側(つまり吉野川側)が沈降する運動を行っています。
  土柱層の堆積には,MTL活断層系の断層運動が密接に関っていると想像されます。つまり,1)第四紀になって
MTLの北側隆起,南側沈降の運動が活発になり,北側の讃岐山脈から側流によって土砂が供給され,山脈前面に
一連の扇状地(合流扇状地)が形成されました。これが支流型の堆積に対応します。2)一方吉野川本流では,繰り
返し洪水が起こって氾濫原堆積物などが堆積しました。これが本流型の堆積です。3)その後,陸地全体
がどんどん隆起していくと,相対的に侵食基準面が低下して行き,その結果土柱層が堆積できなくなり,逆に今度は地層が侵食されるようになって土柱が形成された,と言う ストーリーです。
  土柱層が堆積した年代は,今からおよそ百万年前の前期更新世であることが分かっています。これは研究が進んで,土柱層からメタセコイア植物群が産出することや,土柱層に挟まれる火山灰層の対比と年代測定から得られた知識です。百万年前と言うのは段丘堆積物の堆積年代よりもはるかに古いので,土柱層が段丘面のようなフラットな面を残さずに丘陵地を形成していることに良く符合します。
  さて波濤嶽では,夜間はライトアップされ昼間とは違う雰囲気を楽しめます。また遊歩道も整備されており,歩きながら自然の芸術を楽しむことができます。近くにはうだつの町並みで知られた脇町もあります。あわせて見学すると良いでしょう。



Back
Index
Next