深泥池のミツガシワ
Menyanthes trifoliata - a relic fossil speices of the Last Glacial Age
at Mizoroga-ike (Mizoroga Pond), Kyoto Prefectrure
京都市北区
  京都盆地北部にちんまりと静まりかえる深泥池(みぞろがいけ)は,4月中旬になると真っ白なミツガシワによって埋め尽くされます(上左の写真 )。群落そのものを写してもきれいですが,花そのものをアップで撮影してもなかなかきれいです(上右の写真)。もともとミツガシワは,信州高地の湿原や東北地方の湿原に咲く北方系の植物で,京都のような暖温帯に咲く花ではありません。例えば,秋田県と山形県の県境にそびえる鳥海山の湿原では, いたるところでミツガシワの群落を見ることが出来ます。
  しかしさまざまな証拠から,京都盆地は第四紀末の最終氷期には今より冷涼な気候だったことが分かっていますから,その頃には深泥池にもミ ツガシワが繁栄していたのでしょう。とは言え,元来は北方系の植物ですから,後氷期になればさっさと北へ帰るべき花なのですが,不思議なこ とにここ深泥池には定住したままです。池底から冷たい地下水が恒常的に湧き出しているからでしょうか。つまりミツガシワは,氷期の遺存種(レリ ック)です。
  深泥池にはミツガシワのほか,ホロムイソウ・ヤチスギランなどの北方系植物やミズグモなどの北方系動物も生息しており,学術的に貴重なす。それらは1988年に「深泥池生物群集」として国の天然記念物に指定されました。 


Back
Index
Next