石 山 寺 の 珪 灰 石
The wollastonite of Ishiyama-dera Temple to the south of Lake Biwa, Shiga Prefecture
 <滋賀県大津市>
 石山寺は真言宗の古刹で,奈良時代聖武天皇の勅願よって開基され,琵琶湖南岸(湖南)に建立されました。寺は観音霊場としての篤い信仰を受け,西国十三番の札所でもありました。平安時代の文学作品にもたびたび登場し,紫式部は石山寺参篭の折に「源氏物語」の着想を得たと伝えられています。また,郵便普通切手の意匠としてたびたび用いられた国宝の多宝塔があることでも有名です。
 石山寺の山号は石光山。山号寺号の両方に「石」の文字が見えるのは,境内の中央に鎮座する珪灰石からなる石灰岩ルンフェルスに由来します。珪灰石は,カルシウムに富む石灰岩や苦灰岩に,花崗岩などのマグマが貫入してきた際に,接触部に形成される鉱物で,珪酸カルシウム(CaSiO3)に富んでいます。珪灰石は石灰岩や大理石やチャートに似ていますが,硬さが石灰岩(硬度3)とチャート(硬度7)のあいだなので区別できます。珪灰石はまた,焼き固めたときに収縮が少ないので,タイルや磁器の素地や釉薬の原料として利用されています。
 この辺りの地質は,丹波帯の中生界付加体(主にジュラ紀)で,石山寺の石灰石岩ホルンフェルスは,この付加体中に取り込まれた石灰岩オリストリス起源と思われます。そして,石山寺の石灰岩に熱変成を与え,ホルンフェルスを形成したと思われる白亜紀の黒雲母花崗岩や花崗斑岩が,近くに露出しています。
 境内にある石灰岩ホルンフェルスを見ると,層状で強く褶曲しています(上の写真)。石山寺のような平地のところに褶曲した層状石灰岩ホルンフェルスが見られるのは珍しく,昔の人がこの不思議な形の岩石を霊石とあがめ、観音信仰の霊場として石山寺をこの地に建立したのも首肯できます。多宝塔が石灰岩ホルンフェルスの巨岩上に建立されているのも何らかの理由があるのでしょう。この巨岩は大正11年(1922)に国の天然記念物に指定されました。
 さて石山寺は別名「花の寺」とも言い,冬を除くと,いつもいろいろな花が咲いていることで有名です。拝観だけなら,東大門をくぐって,天然記念物の石灰岩ホルンフェルスと本堂を参拝し,その後に多宝塔から月見亭まで行けば,ひと通り見学したことになりますが,写真撮影ならその先にある回遊式庭園「無憂園」まで歩を伸ばされることをお勧めします。特に6月頃の花菖蒲の時期は,格好の撮影スポットであり,私もたびたび撮影に訪れた懐かしい場所です。


Back
Index
Next