湖南アルプスの花崗岩トア
Granitic tor of the Konan-Alps in the southern part of Shiga Prefecture

<滋賀県南部>
  滋賀県南部の大津市,湖南市,甲賀市にまたがる地域に,湖南アルプスと呼ばれる山並みがあります。標高が
400-700mとさほどの高さでもないのに「アルプス」と呼ばれているのは,花崗岩のゴツゴツとした岩塊が尾根や山腹
にむき出しになっている荒々しい地形だからでしょう。湖南アルプスは,竜王山,阿星山,鶏冠山を主峰とする山地
と,その南西にある田上山(たのかみやま)(または太神山)を主峰とする山地からなります。この山地は,白亜紀後期,
今から約8,000万年前にマグマから固結した田上花崗岩から形成されています。
  湖南アルプスの荒々しい地形は,山地内にもうけられたハイキングコースから楽しむことができます。例えば,竜
王山の麓には金勝寺という古刹があり,車でここまでやってきた後は,竜王山方面へのハイキングコースに沿って歩
けば山腹や尾根に花崗岩からなる奇岩,怪石,巨石が目に入ります(上の写真)。このような景観をトア(tor)と呼んで
います。
  トアは岩体に形成される組織地形の一種です。岩石の集まりからなる岩体のあるものには多くの節理が発達します。火山岩や溶結凝灰岩には柱状節理が見られます(→屏風岩と赤目四十八滝)。花崗岩の場合には方丈節理です。できる方向もさまざまで,規模も大きいもの小さいものがあり,密度も場所によってばらばらです。
  トアができる理由は次のように考えられます。大小さまざまな方向の節理が発達している大きな岩体を考えて見ます。節理が密集している部分では,空気や雨水にさらされたりする面積が大きいので,風化や侵食が速く進みます。これとは反対に,節理があまり発達しない部分では,逆に面積が狭いのでその部分の風化や侵食は進まず,そのまま岩塊として残ることになります。こうして,でこぼこした岩塊並んだり,積み重なったりしたようなトアができるというわけです(右の写真)。花崗岩は同じ深成岩の閃緑岩や斑れい岩に比べると石英や長石が多いため風化に強く,方丈節理が良く発達するので,トアができやすくなります。同じように石英の多い砂岩の岩体にもしばしばトアが見られます。
  竜王山のトアのうち,独特の形をしたものには,天狗岩、耳岩、重ね岩と呼ばれています。上の写真に紹介したトアは,竜王山山頂の北の小ピークのもので,特に愛称はないようですが,見た限りでは造
形美ではベストでした。ちなみにこのトアの向こうには富士山のような山が見えます(下の写真)。この山は三上(みかみ)山(近江富士)と呼ばれています。ちなみに,麓の御上神社では秋に「ずいき祭り」が行われます。
  ところで,鉱物コレクターのあいだでは田上山は有名な鉱物採集地で,麓には田上鉱物博物館があります。また金勝寺を中心とする一帯は,天台宗ゆかりの山岳仏教文化が栄えた地であり,狛坂磨崖仏などの磨崖仏が,あちこちに彫られています。ハイキングではトアのほかにも,こういった磨崖仏を見学するのも楽しみの一つです。トアは時には美しい景観を生み出し,岐阜県瑞浪市の鬼岩は国の天然記念物に指摘されています。



Back
Index
Next
Home