メタセコイア並木(街道)
The metasequoia road in Takashima, Shiga Prefecture
 <高島市マキノ町
 寺久保には約500本のメタセコイアからなる並木道があります。25年ほど前に植えられたものですが,四季折々に美しい景色で私たちを楽しませてくれます。メタセコイアは短期間で高木になるので,街路樹に良く用いられています。和名はアケボノスギ,中国原産,すぎ科メタセコイア属の落葉樹です。
 メタセコイアについては興味深い逸話があります。実はメタセコイアは新第三紀の植物化石の研究に基づいて,古植物学者である三木茂が,1941年に「メタセコイア」と名づけたもので,そのときには絶滅したものと思われていました。
 ところが1945年に中国四川省で現存していることが確認され,世界中を驚かせました。このことから「生きている化石」と呼ばれています。この並木は1994年に「新日本の街路樹100景」に選定されています。



Back
Index
Next
Home