曽爾の屏風岩と赤目四十八滝
The Byobu-iwa Rock and the Akame Shiju-hattaki Falls in the Muro pyroclastic rock, Nara and Mie Prefecture
<奈良県曽爾村および三重県名張市>
 奈良県と三重県の県境に位置する曽爾村・宇陀市から名張市にかけては,中新世中期の初め,つまり今から1450万年前〜1500万年前に噴出した火砕岩が広く分布しています。この火砕岩は厚さが200m以上もあり,溶結した流紋岩質火山礫凝灰岩から構成されていますが,通称,室生火山岩と呼ばれています。室生火山岩は侵食に対して強く,見事な柱状節理も発達しているので,各地に美しい景観をつくっています。ここで取り上げる屏風岩と赤目四十八滝はその代表的な景勝地で,風景写真の格好の被写体となっています。
 屏風岩は曽爾村を流れる青蓮寺(しょうれんじ)川の北にあって,高さ60mに及ぶ崖が東西方向に約500m続いています。岩壁には柱状節理が発達しており,春には,ヤマザクラが崖の麓に,ヤマツツジが岩壁のあちこち咲きます(左上の写真)。岩壁は南に面しているので朝日や夕陽が当たり,一方で雨模様の日には霧がたなびいたりし,幻想的な光景が展開します。私が関西にいた当時は,知る人ぞ知る春の撮影スポットの一つでした。著名な写真家の前田真三氏もここを訪れ,その時に撮影された屏風岩と山桜の素晴らしい写真が写真集に収録されています。あまり知られていないのですが紅葉の時期も美しく,夕日に染まる真っ赤な紅葉も良き被写体となります(右上の写真)。なおここのヤマザクラは,京都のソメイヨシノが満開となってから,1週間から10日ほど後に満開となるようです。
 屏風岩へ至る道は,室生寺方面からと,名張市を通って青蓮寺川沿いに至る二通りがありますが,関西方面なら前者が,名古屋方面なら後者が便利でしょう。室生寺方面からなら古刹室生寺が,名古屋方面からなら途中,香落渓(こおちだに)や,兜岩・鎧岩などの景勝地がありますから行き帰りに撮影が楽しめます。ただし道が狭い箇所があるので車の運転には注意が必要です。
 赤目四十八滝は屏風岩の北方約8kmにあって,室生火山岩を侵食してできた赤目渓谷に連続する大小の滝の総称です。実際の滝の数は48よりも多いそうですが,比較的大きな不動滝,千手(せんじゅ)滝,布曳(ぬのびき)滝,荷担(にない)滝(右下の写真),琵琶滝を赤目五瀑と呼んでいます。渓谷には遊歩道が整備されており,簡単な食事をとることができるお店があります。春の新緑,秋の紅葉(左下の写真)が特に美しく,また水面への写りこみも格好の被写体となります。普通は荷担滝までを見学することが多いようです。赤目渓谷はオオサンショウウオが生息していることでも有名で,気をつけて渓流を見ていれば,悠然と泳ぐオオサンショウウオを目にすることが出来るでしょう。
 室生火山岩を堆積した火砕流は室生火砕流と呼ばれていますが,給源となった火山の所在については,いろんな調査研究を経て,最近では南の大台ケ原山付近にあったとする考えが有力です。室生火砕流に関連する紀伊半島の火成活動は,熊野酸性火成活動と呼ばれており,紀伊半島では,橋杭岩一枚岩鬼ヶ城など多くの景勝地を生み出しています。なお室生火山岩の屏風岩は,近くの兜岩・鎧岩とともに昭和9年(1934)に国の天然記念物に指定されています。


Back
Index
Next
Home