曽 爾 高 原 お 亀 池
Okame(tortoise)-ike Pond in Soni-mura Village, Nara Prefecuture
 曽爾村には,屏風岩のほかにも曽爾高原と言うススキで有名な景勝地があります。曽爾高原は屏風岩の約6km東方にあり,秋になると夕陽がちょうど屏風岩方
向に沈み,金波銀波に輝くススキを逆光で撮影できることで知られています。関西で数少ないススキ大群落の撮影地として曽爾高原は有名で,関西や名古屋
方面から多くの風景写真愛好家が撮影にやってくるのです(左上の写真)。
 お亀池はこの曽爾高原にある小さな湿原です。高原には沢山のカメラマンやハイカーがやってきますが,お亀池の存在にはほとんど気がつきません。と言うの
は,遊歩道からはお亀池はほとんど見えないからで,全景を望むには周辺の山を登る必要があるからです(右上の写真)。高原では春先,害虫駆除を兼ねて野
焼きが行われ,5月下旬から6月にかけての深緑の季節には一面緑となり(左下の写真),11月頃にはススキがあたり一面を茶褐色に染め,季節に応じて美しい
景観を見せてくれます。
 曽爾高原一帯は,屏風岩と同様に室生火山岩の分布地です。あまり知られていないのですが,曽爾高原一帯は典型的な地すべり地帯です。車が高原に近づ
くと急なカーブが連続しますが,これは舌状となった地滑り土塊の先端を利用して作られているからです。
 地滑りを生じた地層や岩体と地滑り土塊との境界付近には,しばしば窪地が生じます。お亀池はこのような窪地に形成された湿原なのです。お亀池の形成は,
湿原堆積物中に広域テフラの鬼界アカホヤが見つかったことや,堆積物の花粉分析と14C年代測定から最終氷期末の約1万2000年前に始まったことが分かっ
ています。つまりお亀池は,最終氷期に生じた地滑りの窪地に生まれた湿原なのです。
生まれたばかりの氷期には,お亀池には深泥池のように北方系の動植物が生息していたでしょう。これを裏付けるように,池にはサギスゲ(右下の写真)と言う北方系植物の遺存種が初夏になると花を咲かせます。白い綿帽子のようなサギスゲが,池一面を覆う光景は一見の価値があります。
<奈良県曽爾村> 



Back
Index
Next
Home