白崎海岸の石灰岩巨大オリストリス
The giant limestone olistolith at Shirasaki Coast in Yura-cho (Yura Town), Wakayama Prefecture

海岸道路から海洋公園を望む。手前は層状チャート

海上に突出する石灰岩岩礁 
<和歌山県由良町>
 白崎海岸は紀伊水道に突き出た小さな岬で,そこに行くためには,由良町の大引を通って海岸沿いに走るのですが,岬に近づくと突然,白い岩石からなる岬や(左上の写真),海面から突き出た白い岩礁(右上の写真)が目に入ります。それまで土色の崖に慣らされた目には強烈な印象です。この白い岩石は石灰岩です。先端の岬は島状で,昔は石灰岩の露天掘り鉱山でした。採掘跡は今では駐車場となり,その周りにはスキューバダイビングのクラブハウス,レストラン,売店,ログハウスなどが建ち,立派な海洋公園と化しています。鉱山の跡地が有効利用されたわけで,土地のリサイクルと言うわけです。
 さて,白崎海岸一帯に露出する土色の地層は,中紀(ちゅうき)層群と呼ばれています。時代は中生代のジュラ紀〜白亜紀に属し,今から1.8〜1.3億年前に堆積した地層です。海洋公園のある白崎石灰岩は長径が600mもある巨大な岩塊で,中紀層群下部の地層中にサツマイモのような形でゴロンと含まれています。同じような石灰岩の巨大岩塊は,海岸沿いの崖のあちこちに露出しています。
 ところで,石灰岩と周辺の地層から産出する化石を調べると,両者の時代は1億年ほどもギャップがあることが分かりました。つまり石灰岩からは,古生代ペルム紀(2.5〜3.0億年前)のフズリナ(紡錘虫)化石が,周囲の中紀層群からは1.5億年前の中生代ジュラ紀後期の放散虫化石が産出するのです。つまり石灰岩の方が中紀層群よりも約1億年古いのです。このような,両者の関係は,"常識的な"不整合と考えられていました。つまり「石灰岩が陸化侵食され,再び海底に沈み,そこに中紀層群が堆積した」と考えられたのです。しかしサツマイモのような形で多くの石灰岩の岩体が中紀層群に含まれている理由は,一般的な不整合では説明できません。

 その後,1970年代にプレートテクトニクが登場し,それが日本でも受け入れられるようになると,日本列島の形成に「加体」と言う概念が導入されました。つまり,海洋プレートと大陸プレートがぶつかる場所の一つである海溝では,海洋プレートが大陸プレートの下に沈み込みます。この沈み込むときに,海洋プレート上の堆積物(深い海の堆積物)が,大陸プレート側から運搬された陸地起源の砂や泥など(浅い海の堆積物)と入り混じって大陸側に押し付けられ,プレートが沈み込むにしたがってそれらが次々と大陸プレートにくっつきます。これを「付加する」と言い,その堆積物を「付加体」と言います。
 このように考えると,付加体には海洋起源の深海堆積物と大陸起源の浅海堆積物の両方が入り混じっていることになります。深海堆積物には,@深度4,000m以上の深海に堆積したチャート(ほとんどが放散虫と呼ばれるプランクトン起源),A海山起源の玄武岩質火山岩やサンゴ礁石灰岩,B中央海嶺などで噴出した玄武岩火山岩や上部マントル物質のカンラン岩などがあり,C浅海堆積物には泥岩,砂岩,礫岩などが含まれます。
 プレートテクトニクスから解釈すると,白崎海岸の地質はすべて合理的に説明できます。つまり,中紀層群の砂岩や泥岩はCの浅海
堆積物と,白崎石灰岩はAの海山起源の石灰岩と考えるのです。中紀層群には石灰岩のほか,チャートや緑色岩などの岩塊が取り込まれているのですが,これらも@のチャートやAの火山岩と考えれば良いのです。このように周りの地層よりも古い外来の岩塊や地層の塊を多数,そして乱雑に含んでいる地層をオリストストロームと,含まれる外来の岩塊や地層の塊をオリストリスと呼んでいます。この関係は礫岩と礫の関係に似ているのですが,サイズの違いと形成された過程が違うので,別の用語で表現されています。
 さて日本列島の地体構造区分の西南日本外帯,つまり中央構造線よりも太平洋側の地層は東西方向に帯状に伸び,北から三波川帯,秩父帯,四万十帯と呼ばれていますが,これらは南ほど時代が若い付加体です。中紀層群は秩父帯の南帯を構成する付加体の一つです。白崎石灰岩はペルム紀に赤道付近で形成された海山で,それが海洋プレートに乗って1億年ほどかけてユーラシア大陸縁辺部まで運ばれ,海溝で潜り込む際に大小の岩塊にくだけて付加された巨大なオリストリスなのです。
 駐車場に車を置き,海洋公園の西端までやってくると展望台があり,360度のパノラマ風景を楽しむことができます。展望台も石灰岩から出来ており,石灰岩には風化侵食によるモザイク状の紋様が刻み込まれています。紋様には緑の草が生え,その向こうには真っ青な海が望めます(写真)。ここから見る夕景も素晴らしいものです。また,白崎海岸には3月から7月にかけて,ウミネコの大群が産卵のために飛来します。これも見所です。
 白崎海岸のように海岸に石灰岩が露出している場所は,気仙沼市の大理石海岸や佐多岬半島の梶谷鼻にもあります。梶谷鼻の方は三波川帯(付加体)中なのでおそらくオリストリス,大理石海岸の石灰岩は付加体でない"普通の"地層からなる南部北上帯に含まれています。



Back
Index
Next
Home