紀伊半島音無川層群の洗濯板
The turbidite facies of the Tertiary Otonashigawa Group
named Sentaku-Ita (Senataku Plate)
in the Kii Peninsula, Wakayama Prefecture

<和歌山県印南町>
 紀伊半島海岸には,写真のような地層があちこちに露出しています。「鬼の洗
濯板」として有名な宮崎県日南海岸と同じメカニズムで出来た地層で,野外で
記述する時にはフリッシュとか砂岩泥岩互層と呼びます。成因を含んだ呼び方と
してはタービダイトです。
 紀伊半島の和歌山県側の地層のほとんどはこのタービダイトからなり,それらを
まとめて四万十累層群と呼ばれています。四万十累層群は太平洋プレートがユ
ーラシアプレートに潜り込んだときに堆積物が付加したものです。写真の地層は
畑野崎の海岸で見られる洗濯板です。四万十累層群の中部を占める音無川層
群に属しており,今から約4千万年前の古第三紀の地層です。タービダイトは普
通砂岩と泥岩のセットの繰り返しが延々と積み重なっており,化石もほとんど含ま
れていません。砂岩の方が硬く侵食されにくいので,露頭では突き出た形となり
ます。



Back
Index
Next
Home