目 津 崎 の 犬 岩
The Inu-iwa (dog rock) at Metsu-zaki (Cape Metsu) in Minabe-Cho,
Wakayama Prefecture

 <和歌山県みなべ町>
 目津崎は有名な南部(みなべ)梅林近くの岬です。犬岩は岬先端にあって,文字通り地層が犬の形のように侵食されたものです(上の写真)。この地層は,目津礫岩層とか塔島礫岩層と呼ばれています。礫は良く円磨された円礫からなり,大きさは大礫から中礫でぎっしり詰まっています(下左の写真)。ただ礫岩の固さはさほどではなく,時代が比較的新しいことを暗示しています。
 礫岩からは化石がまず産出しないので,堆積した年代ははっきりしませんが,中新世前中期の田辺層群に不整合に重なっており,礫岩の柔らかさから,およそ700-800万年前ごろではないかと考える人もいます。目津礫岩層は南部湾から更に南の田辺湾の海岸沿いに転々と分布しており,田辺湾沖合いの円月島も,この目津(塔島)礫岩層から構成されています。
 目津崎は磯釣りの好ポイントらしく,私が訪れた時,磯の水溜りに悠然とアオリイカが泳いでいたのが強く印象に残っています(下右の写真) 。最初は,潮が引くときに逃げそこなったのかと思ったのですが,近くの釣人が釣り上げたアオリイカを水溜りに入れておいたらしいことが,しばらくして分かりました。
 目津崎北の千里の浜は,日本有数のアカウミガメの産卵地で,5月には砂浜での産卵が見られま
す(ただしみなべ町の許可が必要です)。また,みなべ町は日本一の梅の産地であり,春先には南部梅林や岩代梅林の梅が咲き乱れ,多くの風景写真愛好家が訪れます。白浜温泉などと組み合わせてぜひ一度訪れたい撮影地ですね。



Back
Index
Next
Home