天鳥のスランプ褶曲
The Amadori slump fold in the Kii Peninsula,
Wakayama Prefecture
<和歌山県すさみ町> 
 地質の本に良く掲載されている有名なスランプ褶曲の露頭です。海底に堆積し
てまだ固まっていなかった地層が(多分)海底地震をキッカケにして,一団となって大
陸斜面を流れ落ち,その過程で地層が写真のような形に捻じ曲げられてできたもの
です。そういう意味では「さらし首層」と同じようにして出来たものといえます。地層も
同じく牟婁層群に属しています。
 現場は波が打ち寄せる岩礁地帯ですので,撮影には注意が必要です。満潮時
は避けて干潮の時に出かけてください。また波の高いときは危険ですから撮影は
止めましょう。一人では出かけないことです。くれぐれも。



Back
Index
Next
Home