田子海岸のさらし首構造
The Sarashikubi Bed at Tako Coast in Kushimoto-Cho (Kushimoto Town), Wakayama Prefecture
<和歌山県串本町>
 田子海岸では,干潮時,沖合いに向かって面白い地層が姿を現します。面白いと言うのは,海岸に降り立って見るとすぐに分かります。海岸に立つと,あちこちに岩石が転がっているのが目につくでしょう。大きいものは1m以上で,形も丸いものから角ばったものまで様々です。近づいてよく観察すると,ほとんどが地層にくっついている事が分かります(上二枚の写真)。つまりこれらの岩石は,海岸をつくる地層の一部なのです。その様子が,まるで人間のさらし首のようなので,「さらし首層」と言う地層名が与えられました。地層の名前のつけ方には決まりがあり,その地層が露出する地名,例えば「田子」なら「田子層」と付けるべきなので,「さらし首層」はその決まりから外れています。しかし,あまりにもピッタリのネーミングなので,「さらし首層」として呼ばれています。
 「さらし首層」は牟婁(むろ)層群の一部です(「牟婁」はこの地方の郡名です)。牟婁層群は3つの累層に分けられていのですが,「さらし首層」は一番上の下露累層の中ほどの地層です。地質学的に記述すると,「泥質の基質中に大小の角礫や亜角礫を乱雑に含む含礫泥岩層」と言うことになります。含まれている礫は,下露累層よりも下位の累層が,何らかの原因によって堆積した場所からここまで運ばれてバラバラに砕け,堆積したものです。含まれている礫には,砂岩や泥岩が多いのですが,礫岩や砂岩泥岩互層がちぎれて礫となったものも存在しています。牟婁層群は付加体で,付加体からはほとんど貝化石が産出しないのですが,下露累層からは珍しく中新世前期(約2,300万年前〜1,600万年前)の貝化石がたくさん発見されています。
 さて,「さらし首層」ができた理由は次のように考えられています。付加体は大陸プレートの海溝斜面側に形成されます。そこでは巨大な海溝性地震が頻繁に発生します。今でも紀伊半島のはるか沖合いには,南海トラフと呼ばれる海底の大きな窪みが日本列島沿いにあるのですが,そこでは周期的に南海地震や東南海地震が発生していることは良くご承知だと思います。今から2000万年前頃の中新世前期にも,同様の海溝があって巨大地震が周期的に起こっ
ていたのです。巨大地震が発生すると,付加体とその表層(上層)の柔らか
い堆積物が大崩壊して海底地すべり(スランピングの一つ)を起し,海底土石
流を発生します。土石流が海溝斜面を滑り落ちる時に,運ばれる地層や岩
石はばらばらに砕け,海溝に流れ込み,海陸起源の堆積物が乱雑に混合
します。このようにして形成された堆積物をオリストストロームと,大小の岩塊
をオリストリスと呼んでいます。「さらし首層」はオリストストロームで,大小の
「さらし首」はオリストリスと言うことになります。白崎石灰岩の場合は,石灰
岩岩塊は中紀層群に属さない「外来」のオリストリスでしたが,「さらし首層」
の場合は同じ牟婁層群に属するオリストリスと言う違いがあるのです。オリス
トストロームの形成後,地殻変動による隆起によって「さらし首層」は地表に
現れ,その後は波浪によって「さらし首」のまわりの基質が削剥され,今のよう
な「さらし首層」ができたと言う分けです。
 写真だけでは「さらし首」の大きさは分かりませんが,左上の写真のオリスト
リスは高さほぼ1mです。この日は快晴でしたので大空を取り入れて,遠近
感を強調するようにフレーミングしました。そのためにカメラを下げて広角レン
ズで撮影しています。沖合いの島は双島です。どこか外国の風景を見るよう
な不思議な感覚に襲われませんか?



Back
Index
Next
Home