紀 伊 半 島 の 橋 杭 岩
Quartz porphyry dike named Hashikui-iwa (Hashikui-Rock)
at Kushimoto in the Kii Peninsula, Wakayama Prefecture
 橋杭岩は,1500-1600万年前に堆積した熊野層群を貫いたマグマが冷却固結してできた岩石で
す。マグマが貫入したのは今から約1400万年前で,その貫入は地下数100mの深いところで起こった
と考えられます。やがてマグマは冷却固結して岩脈となりましたが,その後フィリッピン海プレートのも
ぐり込みに伴う圧縮応力によって熊野層群と一緒に隆起して地上に現れました。
 橋杭岩をつくった岩脈は元々は畳のように一枚の岩体であったのですが,地表に現れると風雨や波
による侵食によって,今のような海上に林立する岩体(上の写真)になったのです。岩石は石英斑岩
呼ばれる珪長質の岩石です。貫入した方向がほぼ南北方向ですので,橋杭岩の西側にある船着場
に立つと,岩体の向こうに太陽が昇ることになります。天候に恵まれさえすれば,夜明けのドラマチック
なシーン(下の写真)を撮影できることになります。
<和歌山県串本町> 



Back
Index
Next
Home