虫 喰 い 岩 
Honeycomb weathering rock named mushi-kui-iwa rock, Wakayama and Chiba Prefectures
 <和歌山県古座川町高池>
<千葉県長崎鼻>
 谷や海岸を歩くと,時々岩石の表面に蜂の巣のような風化構造が目に入ります。このような風化構造を「蜂の巣状風化」と呼び,蜂の巣状風化が発達した岩石を「虫喰い岩」と呼んでいます。
 蜂の巣状風化はどうして出来たのでしょうか? 単純に風や雨による侵食作用,また風によって飛来した砂粒が岩石を削ってできたと考えがちですが,強い風が吹きつけないような谷間(例えば長野県の奥裾花渓谷)でも蜂の巣状風化は発達しています。そこで風雨や波などの物理的な風化だけでなく,化学的な風化も加味した考えがあります。つまり@岩石中の水分が表面に吸い寄せられると,何らかの化学反応が生じて固い皮膜が形成される。Aしかし皮膜の形成が一様でなく,固い部分と軟らかい部分が出来ると,風や水などによって差別的な侵食作用を受けることになる。Bそしていったん表面に凹凸が生じるとそれがどんどん拡大し,結果的に蜂の巣状の風化を生じる,と考えるのです。
 紀伊半島古座川の虫喰い岩は,古座峡の高池のものが「高池の虫喰い岩」として昭和10年(1935)に天然記念物に指定されています。しかし同規模のものは各地でも見られます。右の写真は千葉県の長崎鼻付近で見つけたものです。


Back
Index
Next
Home