熊 野 灘 の 鬼 ヶ 城 と 獅 子 巌 
Marine erosive features named Oni-ga-jo (castle of demon) and Sisi-iwa (lion rock)
facing Kumano-nada Sea, Mie Prefecture
<鬼ヶ城> 三重県熊野市
 鬼ヶ城と獅子巌は,台風銀座で有名な熊野灘の荒波によって造られた侵食地形です。鬼ヶ城は海に突き出た
岬状の地形で,海岸沿いに片道約1kmの遊歩道が整備されています。遊歩道を歩くと,多くの海食洞や海食台,
またサメの頭のように削られた巨岩(左上の写真)を見学できます。これらの海食地形は地震性地殻変動によっ
て隆起しているため(右上の写真),遊歩道は海面からかなり上に設置されています。獅子巌は,鬼ヶ城の南西約
2kmの七里御浜にあり,獅子の頭のように削られた奇岩です(下の写真)。条件が合えば,獅子の口にお月様が
入った写真や,口元から太陽の光芒が放射状に出る写真を撮影できます。
 「鬼ヶ城」の名は,平安時代の初めに,この地に隠れて熊野の海を荒らしまわり,鬼と恐れられた海賊多娥丸
(たがまる)を,桓武天皇の命を受けた坂上田村麻呂が討伐したという伝説に基づいています。その伝説から元々
は「鬼の岩屋」と呼ばれていましたが,室町時代この地の山上に「鬼ヶ城」が築かれ,それが廃城となった後も,岩
場の名として受け継がれたことに由来します。
 鬼ヶ城から楯ヶ崎一帯の海岸線は,熊野酸性岩から構成されています。熊野酸性岩は下位から神ノ木流紋岩
→酸性凝灰岩→花崗班岩の順に噴出した火山岩や半深成岩からなり,半島東部を占める巨大な岩体です。鬼ヶ
城と獅子巌は,酸性凝灰岩からできています。ここでの酸性凝灰岩は,軽石が少なくて層理がはっきりとしない凝
灰岩で,塊状の凝灰岩の特徴を持っています。熊野酸性岩は熊野層群が堆積した後の火山活動〜深成活動に
よって形成されたもので,熊野層群を貫いています。紀伊半島の名勝地である「串本の橋杭岩」「古座川の一
枚岩」「古座川の高池の虫食い岩」も,熊野酸性岩に属する岩石から構成されています。
 鬼ヶ城は昭和10年(1935)国の天然記念物に指定されました。指定までには,地元木本(きのもと)町民を中心と
した熱心な運動があったと言うことです。昭和33年(1958)には,別指定であった「獅子巖」と統合されました。



Back
Index
Next
Home