渥 美 半 島 の 石 門
The Ishimon in the Atsumi Peninshula, Aichi Prefecture

<愛知県田原市>
 ここで紹介する石門は,渥美半島先端近くの岩礁です。西南日本を内帯と外帯に分ける中央構造線(MTL)は,紀伊半島を東西に走り,その東端は北に湾曲しながら伊勢湾口から渥美半島先端を通って三河湾を通過し,豊川市に達します。外帯は北から三波川帯,秩父帯,四万十帯に分けられるのですが,渥美半島西端の伊良湖岬には三波川帯御荷鉾緑色岩類が,その東に位置する石門には秩父帯堆積岩類が露出しています。車で走ってみると分かるのですが,渥美半島のほとんどは,渥美層群(更新世中期)から構成されるフラットな台地です。秩父帯堆積岩類は半島西部の山地に露出しているのですが,石門の岩礁も秩父帯に位置しています。
 石門は渥美半島の景勝地の一つです。すぐ近くには,見学のために車が数十台とめられる駐車場があります。駐車場から500mほど西に歩くと石門までやってきます(上の写真)。波に洗われる岩礁なので,岩肌は新鮮に保たれ,堆積構造や地質構造を良く観察できます。岩石は層状チャートからなり,見事な褶曲が発達しています(下左の写真。レンズキャップは77mm径)。このチャートはジュラ紀の海洋プレートの深海堆積物で,放散虫と言う海洋プランクトンが堆積したもので,プレートが大陸地殻に沈み込んだときに,大陸側に付加したものと考えられています。褶曲はその時に変形して形成されたものでしょう。
 石門は日の出スポットとして知られています。と言うのは,石門には海食洞が二つありますが,この西にある恋路が浜に立って見ると,二月中旬と十月中旬には,沖合いの洞門越しに太陽が昇るのを見ることが出来るそうです。機会があればチャレンジしようと思っています。



Back
Index
Next
Home