中 央 構 造 線 上 の 阿 寺 の 七 滝
Atera-no-nanataki Fall on Median Tectonic Line in Shinshiro City, Aichi Prefecture
<愛知県新城市>
 国の天然記念物に指定されている滝はさほど多くありません。姉滝(宮城県),吹割りの滝(群馬県),称名滝(富
山県),白糸の滝(静岡県),そしてここに取り上げる阿寺の七滝(上左の写真)の5箇所ぐらいでしょうか。それぞ
れの滝が天然記念物に指定されたのは何らかの地質的理由があるのですが,七滝の指定理由は「中央構造線
(MTL)の活動に関連して生じた断層や割れ目が渓谷を横切る場所に出来た滝」とのことです。指定されたのは昭
和9年(1934)ですからかなり前の話です。当時の地質学的知識としては「七滝の近くをMTLが通過する」程度のも
のだったでしょう。しかしMTL付近の滝は,探せばあちこちあるはずですし,現に阿寺の七滝(以下七滝)近くにも
落差120mを誇る百間滝があります(今度行ってみようかと思っています)。実際のところ,なぜ百間滝でなく七滝
が天然記念物に指定されたのか,その理由はよく分かりません。単に滝の姿が美しいからでしょうか。
 阿寺の七滝は愛知県新城市の山中にあります。新城市と言うよりも旧鳳来町と言ったほうが通りが良いでしょ
う。山奥にも関わらず駐車場や売店があり,観光客の姿も多く見られました。駐車場からは,約500mほど阿寺川
に沿って歩きます。川沿いには車が一台通れるほどの道があり,崖には地層が結構露出しているので,それを
観察しながらゆっくりと滝に向かいました。
 入り口近くの岩石は砂岩層です。層理面は下流方向つまり南傾斜で角度は40°程度です。上流に進むと砂岩
層はすぐに礫岩層となります。つまり砂岩層の下に礫岩層が堆積していると言う事です。礫岩層も所々かすかに
層理面が認定され,その傾きもすべて南傾斜です(上右の写真)。七滝まではずっとこの礫岩層が続きます。まと
めてみると,@阿寺の七滝から駐車場間の地層は南傾斜の同斜構造であり,A地層はほとんど礫岩層で,その
上に少し砂岩層が重なっていることが分かります。この地層は,阿寺の七滝にちなんで阿寺七滝礫岩層と呼ば
れています。
 礫岩層に含まれている礫は円礫がほとんどで,堆積するまで良く円磨されたことを示しています(上中の写真)。
大きいものは40cm以上に達しています。礫には破断された礫(いわゆる食い違い礫)が観察されると言うことです
が,見た限り明瞭な食い違い礫は見つけられませんでした。礫の種類は,砂岩,泥岩は直ぐに分かりますが,よ
く分からない礫も含まれています。帰って文献を調べると,ほかにマイロナイト,花崗斑岩,デイサイト質溶結凝灰
岩などの礫が含まれているとの事です。
 阿寺七滝礫岩からは時代の判る示準化石は発見されていませんから,いつ頃堆積したのか正確には分かって
いません。時代についての見解は二つあり,一つはMTL北側に分布する設楽(したら)層群北設(ほくせつ)亜層群
と呼ばれる中新世堆積岩に相当する礫岩とする見解です。もう一つは白亜紀後期の和泉層群相当層とする見解
です。和泉層群とは紀伊半島から四国にかけてMTLに沿ってその北側に帯状に分布し,主に砂岩泥岩のフリッ
シュ互層からなる海成堆積物で,アンモナイトの化石が見つかることで有名です。私の感想を言えば,この礫岩
の固さやその他の岩相からみて,中新世の礫岩とするのは無理だと思います。和泉層群相当の白亜紀後期の
礫岩とするのが穏やかなところでしょう。
 七滝周辺の地質は,この阿寺七滝礫岩を初めとして火砕岩や破砕された岩石類などが小範囲に複雑に分布し
ています。細かい話は省略して,今ではこれらの地層や岩石が,中央構造線の南上がりの低角衝上断層運動に
よって三波川帯にのし上がった領家帯のナップであることが分かっています。この衝上断層運動が起こった時
期は,断層近くの放射年代測定から白亜紀後期と推定されています。要するに,阿寺七滝礫岩は元々はMTLの
北側にあったものが,低角の衝
上断層運動によって白亜紀後期にナップとしてMTLの南に運ばれたと言うことです。その後,長期間にわたる隆起侵食によって,阿寺の七滝が形成されました。
 さて阿寺の七滝に目を向けてみます。瀑布も阿寺七滝礫岩層に形成されており,滝全体の落差40m,全長64mに及び,7つの小さな滝から形成されています。一番下には大きな滝壺があり,滝沿いには遊歩道もあってかなり上まで行くことが出来ます。時間帯のせいでしょうか,滝壺には白い瀑布の写り込みが見られ,水面では落ち葉がゆっくりと回転していました。面白さを感じたので,しばらくスローシャッター撮影を楽しみました(右の写真)。滝壺の周りは砂地の広い空き地となっているので,落ち着いて撮影を楽しめます。秋になれば紅葉が滝壺に落葉し,もっときれいになるのではないでしょうか。機会があれば再訪してみたいと思います。



Back
Index
Next
Home