鳳来寺山の設楽火山岩類
Miocene Shitara Volcanic Rocks at Horai-ji-san (Mt.Horaiji) in Shinshiro City, Aichi Prefecture

<愛知県新城市>
 鳳来寺山には1425段の石段で知られた鳳来寺があります。鳳来寺は飛鳥時代の大宝年間までさ
かのぼる真言宗の古刹ですが,江戸時代には徳川幕府の庇護を受け大いに栄えるようになりまし
た。徳川家康の母,於大の方が当山に参籠して家康を生んだという伝説を,三代将軍家光が知った
からです。家光は二代将軍秀忠の長男でしたが,両親が次男の忠長を偏愛し,後継が危ぶまれて
いました。それをひっくり返したのが家康でしたから,祖父家康を敬愛することはなはだしかったと言
われています。家光は鳳来寺に家康を祀る東照宮を建立しましたが,明治維新の廃仏毀釈によって
鳳来寺そのものは衰微してしまい,現在に至っています。
 鳳来寺の参拝のため1425段の石段を登るのはとてもしんどいので,鳳来寺山パークウエイを使っ
て車で行く方が楽ではあります。私もパークウエイを使って駐車場まで行き,東照宮と本堂まで歩い
て行きました。その途中,道沿いには白っぽい岩石の露出しており,また鳳来寺の鐘楼を望む絶景
があります(上の写真)。鐘楼までやってきて観察すると流紋岩溶岩であることが分かります(下左の
写真)。また,所々流紋岩火砕岩も見られます(下右の写真)。これらの岩石は設楽層群に属してお
り,設楽町から旧鳳来町一帯のほぼ円形の山地を形成しています。
 設楽層群は中新世前期−中期の堆積物で,層厚3,000m,下部の北設亜層群と上部の南設亜層群に区分されています。北設亜層群は海成堆積物で瀬戸内中新統の,南設亜層群は瀬戸内火山岩類の一員です。瀬戸内火山岩類は中央構造線の北側に転々と分布する酸性火山岩類で,曽禰の屏風岩を含む室生火山岩類や風景写真で有名な石鎚山の火山岩類がこれに含まれます。
 南設亜層群は流紋岩 (〜デイサイト) の溶岩や火砕岩からなり,放射年代から1,500〜1,300万年前の堆積物であることが分かっています。南設亜層群の火山岩は総称して設楽火成複合岩体と,それを作った火山性構造を設楽コールドロンと呼んでいます。設楽コールドロンでは,2度のカルデラの発生があったと言われています。
 ここで話を大きくすると,日本列島は中新世前期から中期にかけて(今から約2,300万〜1,500万年前),ユーラシア大陸から分離して弧状列島になり,その後,中新世末以降(今から約600万年前以降)に,伊豆弧(伊豆半島を含む地塊)が日本列島に衝突するようになり,今見るような日本列島の形になったと言われています。日本海は,日本列島が大陸から分離した時に形成された背弧海盆(弧状列島よりも大陸側に形成された海の盆地と言う意味)と言うわけです。
 中央構造線(MTL)は,伊豆弧が衝突する以前は1,000km以上に達する直線状の大規模断層だったのですが,衝突によって中部日本で「人」の字の形に屈曲しました。設楽火山岩類は「人」の字の左側の部分に当たるMTLの北側に噴出した中新世中期の酸性火山岩類です。この火山活動が日本海の拡大に伴うMTLの活動と何らかの関係があることは時代とその場所から見て容易に推測できますね。
 鳳来寺山は昭和6年(1931)に地質と植物の特徴が評価されて国の天然記念物に指定されました。



Back
Index
Next
Home