設楽火山岩類に発達する乳岩峡と乳岩
Chi-iwa-kyo gorge and Chi-iwa rock carved in the Shitara Volcanic Rocks
 in Shinshiro City, Aichi Prefecture

  <愛知県新城市>

 乳岩(ちいわ)峡は鳳来寺山のすぐ東にある渓谷で,鳳来湖ダムから流れ出す宇連川支流の乳岩川に発達しています。乳岩とは珍しいです名称ですが,この渓谷上流にある洞窟の天井から乳房状の岩石が垂れ下がっていることに由来するそうです。乳岩峡へは,新城市方面からだと川合で国道151号線を左折し,赤沢集落を通り抜けます。集落を通り抜けると,道は白い岩石が廊下のように続く乳岩川沿いに2kmほど続きます。道の突き当たりには案内板やトイレが設けられた駐車場があり,ここからは徒歩となります。案内板をみると,乳岩峡からこの北の明神山(標高1016m)にかけては,県内でも有数のハイキングコースと言うことです。帰ってネットで調べると,急な登りには梯子や鎖が設けられており,結構厳しいコースのようです。
 コース入口の河床には,これまで見てきた白い岩石が綺麗に露出しています(上左の写真)。桟敷岩と呼ばれるこの岩石を近くで観察すると,葉理と思われる縞模様(堆積構造)が良く発達しています(下左の写真)。葉理は水の流れによって形成されますから,この岩石は水流堆積物であったことを示しています。色調・構成鉱物・粒度,そして堆積構造から,この岩石は水中堆積の流紋岩火砕堆積物(岩石名は凝灰岩〜火山礫凝灰岩)に分類されます。「鳳来寺山の設楽火山岩類」で述べたように,設楽火山岩類が堆積した時には2度のカルデラが形成されたと言われています。この岩石は,火口からカルデラ湖に降下した火砕物の再移動堆積物と思われます。また降下火砕堆積物は何回か一気に噴出したらしく,所々の層準に明瞭な層理面が観察できます。
 駐車場の入口から500mほど進むと橋の架かるところまでやってきますが,そこから乳岩山(標高670m)を望むことが出来ます(下右の写真3。乳岩はこの山の崖にあります。急坂をのぼって乳岩山にたどりついて観察すると,乳岩山には約20°傾斜の明瞭な層理面が発達していること,その層理面に沿って,大小の穴が幾つか発達していることが分かります。乳岩はそのうち最も大きい穴で,高さ11m、幅18m、奥行16mと計測されています(上右の写真)。この乳岩がどうしてできたのか考えて見ましたが,おそらくこの層理面が堆積後の風化・侵食・崩落の作用を受けやすい弱面となって,空隙がだんだんと拡大して出来たのではないかと思います。
 洞窟に設置された鉄梯子を登ってみると,奥にはお地蔵様が祭られていました。きっと昔からの信仰や修行の場となっていたのでしょう。お地蔵様を拝んだあと,あたりも薄暗くなってきたので早々に駐車場へと引き返しました。歩いて受けた印象ですが,乳岩峡は酸性火砕堆積物の見学を行うのに,なかなか良い場所だと思いました。乳岩峡と乳岩は,昭和9年(1934)に阿寺の七滝と同時に国の天然記念物に指定されています。




Back
Index
Next
Home