飛 水 峡 と ポットホール
Hisuikyo and the pot holes in Hitiso-cho, Gifu Prefecture
<岐阜県七宗町>
 日本最古の岩石が見られる上麻生から飛騨川を上流に向かうと,両側の谷壁がほとんど垂直に切り立った峡谷(ゴルジ)が続くようになります。この峡谷が飛水峡で,上麻生からJR白川口駅までの 美濃山地を約12km続きます。ちなみに峡谷は,川の幅が狭くて深く,谷壁が著しく切り立った渓谷を峡谷と呼ぶそうです。 
 飛水峡では飛騨川が穿入蛇行して流れています。穿入蛇行とは,川が山地や丘陵を蛇行状に下刻侵食しながら流れている状態を指します。それまで平らな土地を自由に蛇行状に流れていた河川が,土地の隆起や侵食基準面の低下(あるいはその両方)が生じて下刻侵食作用が強まって生じると考えられています。いったん穿入蛇行が始まると,攻撃斜面側での側方侵食作用も強まって,曲流の傾向が加速されるとも言われています。美濃山地は伊勢湾側への西下がりの傾動地塊運動の隆起側(沈降側は伊勢湾)に相当しており,飛水峡での穿入蛇行の形成は,山地の隆起運動が原因と考えられます。 
 飛水峡には美濃帯堆積岩類に属するチャートと砂岩が露出しています。美濃帯堆積岩類は中生代ジュラ紀の付加体ですが,チャートは海洋プレート上の深海の,砂岩は大陸由来の堆積物です。 
 飛水峡のもう一つの見所は,堆積岩類に形成されているポットホール(甌穴)です。甌穴群は,麻生橋上流約 500mのロックガーデン(上の写真)に行けば,良く観察できます。ただし足場が悪く,岩場の縁には柵も何もありませんから,足元には注意が必要です。 
 ここでの層状チャートには,径1m以上の大きな甌穴が多数見られます(下の写真)。飛騨川は水量が少ないときには谷底にやっと川面が見える程度の水位ですが,増水時には岩盤を覆うような激流となって流れるそうです。甌穴は,岩盤の割れ目など に礫が引っかかり,激しい回転運動によ
 って円い穴が形成されるもので,固くて緻密な岩石ほどでき易くなります。例えば花崗岩などの酸性深成岩,溶結凝灰岩などの固い岩石に良く発達しています。ここでは,特別に固くて緻密な岩石である層状チャートが露出していますから,飛騨川の激流とあいまって円く巨大なポットホールが多数形成されたのでしょう。
 中には,人一人がスッポリと入 れるような巨大な甌穴もありました。 
 飛水峡は,昭和36年(1961) 年に,国の天然記念物に指定されています。 



Back
Index
Next
Home