濃 尾 地 震 と 根 尾 谷 断 層
The Nobi Earthquake and the Neodani Fault
 (現在の水鳥地震断層崖)
        (濃尾地震直後の水鳥地震断層崖,小藤文次郎撮影)
<岐阜県本巣市>
 明治24年(1891)10月28日早朝に発生した濃尾地震は,明治維新以後,最大の直下型地震で,岐阜県と愛知県を中心に大きな災厄をもたらし,山崩れ約1万箇所,全壊家屋約14万戸,半壊家屋約8万戸,死者7273名の被害を与えました。被害の大きさは全国に衝撃を与え,地震直後から今で言うボランティアが被災地にかけつけ,被災者の救済や治療に当たりました。兵庫県南部地震の際にはボランティアの活躍が話題になりましたが,もう明治の濃尾地震から始まっていたことは注目に値します。
 地震の震源地(震央)は岐阜県根尾谷村(現本巣市)水鳥辺りで,直後に地震断層崖が出現しました。「水鳥の地震断層崖」として世界的に知られることになったここ水鳥では,上下6m,水平2mのズレが測定されています。また,それまで「地震が断層を形成するのか,逆に断層が地震を発生するのか」良く分からなかったのですが,この震源地での地震直後の断層崖の出現によって,「地震は断層の急激な運動によって発生する」との考えが有力になりました。
 ところで日本列島で発生する地震には,内陸地震と海溝性地震の二つがあります。海溝性(または海溝型)地震はプレート境界に発生する地震で,太平洋ないしフィリッピン海プレートがユーラシアないし北米プレートの下に沈みこむ海溝付近で発生するもので,M(マグニチュード)8級の巨大地震が頻繁に発生します。内陸地震はプレート内に発生する地震で,ユーラシアないし北米プレートを構成する大陸性地殻の活断層が震源断層となります。プレートの押し合いから生まれるストレスが活断層に蓄積され,それがズレとなって一気に解放されるときに地震波が発生します。濃尾地震は,記録に残されている内陸地震の中で,最大規模のM8の内陸地震でした。
 水鳥には「根尾谷地震断層観察館」があり,根尾谷断層のトレンチ断面を見学できます(右の写真)。トレンチの断面には,いろいろな地層や岩石が露出しており,断層面をはさんでのそれらのズレから,上下変位が6mであることが明示されています。ほかにも,いろいろ濃尾地震や根尾谷断層に関する説明や写真などが展示されているのですが,一番印象に残ったのは,濃尾地震を被災した住民の体験談でした。
 「地震が起こったのはわしが子供のときで,それも朝の食事中だった。母の『それ地震だ!』の叫び声で,とにかく外へ逃げようとしたが,あっという間に家がつぶれて下敷きになってしまった。運の良いことに倒れた柱の隙間に挟まれたので体は無事だったが,身動きがとれんかった。そとから「○○がおらんぞ!」と言う叫び声が聞こえたので,「ここにおる!」と大声で叫んで,みんなのおかげでやっと助け出された。水鳥で無事だった家はたった2戸しかなかった。それからは,しばらく掘立小屋で生き残った家族やみんなと暮らすことになったんじゃが,今思い出しても,あんな怖くつらかった経験は無かった。」
 M8の大地震と言ってもピンとこないのですが,こう言った生々しい話を聞くと,当時の恐ろしさが生々しく迫ってくるようです。   

(地震断層観察館展示の根尾谷断層のトレンチ断面。上下変位量が6m であることが示されている)          
 話はかわりますが,根尾谷断層を世界的に有名にしたのは,たった一枚の写真です。それは,地質学者の小藤文次郎が断層崖が出現した直後に訪れ,撮影した一枚の写真です(上右の写真)。この写真は,地震に関する世界中の教科書や専門書に掲載され,地震の研究を志す者なら誰一人知らないものはいないほど有名になりました。このエピソードは,万言を費やすより,一枚の写真が持つ記録性や視覚性の強さを物語るものです。この写真を撮影したポイントは整地され,記念板が設置されています。ここから撮影した今現在の水鳥の断層崖の写真を,比較のために示しておきました(上左の写真)。



Back
Index
Next
Home