湯谷温泉の馬背岩
Umase-iwa Rock at Yuya-onsen (hotspring) in Shinshiro-shi
(city), Aichi Prefecture
 <愛知県新城市>
 湯谷温泉は古刹鳳来寺山の麓にある温泉地で,JR飯田線沿いに旅館や土産物店が立ち並んでいます。初めて車で通った時には,こんな奥深い地にこんな立派な温泉街があることに少々驚きました。ここで紹介する馬背岩(うまのせいわ)は,温泉街を流れる板敷川に露出している幅が5m程の安山岩岩脈で,その名称は岩脈の露出状態が馬の背中のような形から来ているそうです。馬背岩はデイサイト質凝灰角礫岩に貫入しており,この凝灰角礫岩をはじめとする設楽火山岩は,鳳来山一帯に露出しています。
 馬背岩の場所は分かりにくいので,湯谷温泉駅の待合室に置いてあるパンフ「湯谷温泉全図」をもらって探すのが賢明でしょう。この地図を見ながら,駅から南約200mにある踏切を渡り,さらに50mほど歩いて,左側を流れる板敷川へのあぜ道を下ります。特に案内板などないようですから少し迷うかもしれませんが,線路左側のあぜ道を道なりに下っていけば,やがて馬背岩にやってきます(上の写真)。ここからでも十分に馬背岩を見学できますが,急な石段が馬背岩までつくられていますから,興味のある人は見学されれば良いでしょう。
 他にも,この50mほど上流にかかる浮石橋(つり橋)からでも,遠目ですが見学できます(下の写真)。湯谷温泉の馬背岩(の岩脈)は,馬の背中のような露出状態が評価されて,昭和9年(1934)に天然記念物に指定されました。



Back
Index
Next
Home