寝 覚 の 床
Nezame-no-toko in Agematu-cho, Nagano Prefecture

<長野県上松町>
 「寝覚の床」は,花崗岩に発達する方丈節理の典型例として,地学の教科書や専門書などに良く掲載されています。確かに,方丈節理を観察するには最も良い露頭と言えるでしょう(上の写真)。
 現地に立つと,ここの花崗岩には,鉛直に近い2方向,水平方向,合わせて3方向の節理が互いに直交するように発達していること,その結果,直方体となった大小の岩石が,サイコロのように積み重なっていることが分かります(下左の写真)。これが方丈節理と呼ばれる節理で,薄い板が重なったような板状節理,短い柱が重なったような柱状節理と異なります。
 「寝覚の床」の花崗岩は上松(あげまつ)花崗岩と呼ばれます。上松花崗岩は上松から瑞浪にかけての木曽川沿いに分布する花崗岩で,領家花崗岩類の一員であり,白亜紀後期に貫入し固まった花崗岩です。領家花崗岩類は領家変成岩類とともに領家帯を構成する岩石です。領家帯とは日本列島の地体構造区分の一つで,中央構造線(MTL)の北側に幅数10kmに渡って,白亜紀の火成作用や変成作用が見られる部分で,その北の美濃帯や丹波帯に漸移します。領家帯の変成作用は高温低圧型で,MTLの南に発達する低温高圧型の三波川帯と対照的です。
 プレートテクトニクスによる解釈では,低温高圧型の変成帯は大陸プレートに潜り込む海洋プレートの直上あたりの低温で高圧な部分で形成され,高温低圧の
変成帯はそこより内陸側でやや浅いマグマ溜り周辺の高温で低圧な部分で形成されたと考えられています。花崗岩などの深成岩類は,その時のマグマ溜りが固結したバソリスと考えるわけです。
 「寝覚の床」を造る上松花崗岩は黒雲母花崗岩(下左の写真)ですが,それよりやや黒っぽい大きな転石があちこち転がっていることに気が付くでしょう 。転石には,上松花崗岩のようなピンク色のカリ長石がほとんどなく,白色の斜長石,黒っぽい角閃石が目立つので,花崗閃緑岩であることが分かります(下右の写真)。
 この上流には,木曽駒花崗閃緑岩と呼ばれる同時代の岩体がありますから,ここから流れてきたのでしょう。この岩石のもう一つの特徴は,黒っぽい捕獲岩(ゼノリス)が多数含まれていることです(下右の写真)。ゼノリスとは,その火成岩に含まれている別種の岩石(片)のことですが,この種の岩石片には,@含有され
る岩石と同じマグマ起源のものと,A成因的に別の母岩(壁岩)から由来したものとがあります。木曽駒花崗閃緑岩の場合は@になります。このように露頭を良く観察すると,節理以外にもいろいろな情報を得ることが出来るようになります。
 「寝覚の床」は国の名勝に指定されています。そのためでしょうか,近くを走る国道19号線沿いには,旅館や土産物店などが立ち並んでいます。
 「寝覚の床」の見学には,急な階段や坂道を往復しなければならず,さらに「床」に立つにはゴロゴロした大転石のあいだを歩く必要があり,結構大変です。それでも,典型的な方丈節理や新鮮な花崗岩類を間近で見られるのですから,「床」に立つ価値は十分にあると思います。



Back
Index
Next
Home