恵 那 峡 の 傘 岩 と 千 畳 敷 岩
An umbrella-like rock named Kasa-iwa and a large platter-like rock named Senjojiki-iwa
 near Ena-kyo (Ena Gorge) in Ena City, Gifu Prefecture.
 恵那峡は木曽川がつくった代表的な峡谷で,周辺には苗木花崗岩と呼ばれる黒雲母花崗岩が広く分布しています。苗木花崗岩をも
たらしたマグマは白亜紀末に美濃帯堆積岩類に貫入したもので,「寝覚の床」をつくる上松花崗岩や,「鬼岩」に露出する土岐花崗岩と
一連の花崗岩マグマと考えられています。恵那峡は,大正9年(1920),志賀重昴(しげかた)によって命名されたもので,意外と新しい
地名です。ところが残念なことに,そのすぐ後の大正13年に,日本初のダム式発電所「大井ダム」が峡谷に建設されたため,木曽川
の激流が見られなくなってしまいました。
 話は脱線しますが,志賀重昴は明治から大正にかけての地理学兼地質学者で,明治27年(1894)に 「日本風景論」を著し,日本人の
自然景観や登山に対する見方に大きな影響を与えた人物です。脱線ついでにさらに書きますが,「風景写真」をやっているので「風景」
と言う言葉の語源をいろいろ調べたのですが,いまだに良く分かりません。ただ,「風景」と言う言葉はこの本以前にすでにあったらし
く,一方で江戸時代の浮世絵の葛飾北斎や歌川広重などの「風景画」のタイトルに「○○景はあっても○○風景」はないので,「風景」
なる言葉は明治の初め頃に西洋のlandscapeの翻訳語として造語されたのではないかと,今のところ推測しています。ただいずれにせ
よ,「風景」と言う言葉を日本に流布定着させたのは,間違いなくこの「日本風景論」でしょう。
 話は戻って,「傘岩」は苗木花崗岩につくられた高さ4m程の岩体で,テッペンの周囲は約10m,くびれた部分の周囲は約2mだそうで
す(上左の写真) 。外形が開いた傘(または開いたきのこ)のような形をしているので,「傘岩」と呼ばれるようになったのでしょう。一見す
ると大きな転石のように見えるのですが,よく見ると岩盤の苗木花崗岩に接続しています。転石では似たような形をしたものは見かけ
るのですが,岩盤に接続しているものは見たことがありません。確かに珍しいものです。
 このような岩体は,どのようにしてつくられたのでしょうか。二つの理由が考えられます。一つは,「寝覚の床」で説明した方丈節理の
割れ目が風化侵食されて「傘岩」になったとする考えです。しかしこの考えは,「傘岩」の表面が節理面のように平面形(ないしその組合
せ)を留めておらず,なだらかな曲面をしていることから,考えにくいと思います。また,方丈節理の風化侵食がすすんで形成される
織地形「湖南
アルプスの花崗岩トア」で説明したように,「トア」ですから,もしそうだとすると「傘岩」に似た岩体や方丈節理の発達した岩体が,「傘岩」周辺に点在しているはずですが,そのようなものは見当たりません。恵那峡まで行って,やっとトアが見られる程度です(上右の写真)。
 もう一つは,花崗岩地帯に見られる表層の風化殻である「マサ(真砂)」と関連付ける考えです。つまり苗木花崗岩の表層部に発達しているマサが侵食によって削剥され,たまたまマサ化しなかった部分が「傘岩」となって残ったと考えるのです。マサ化した花崗岩地帯を歩くと分かるのですが,マサ化した部分としなかった部分の境界は,大きな礫の表面と同じく,なだらかな曲面となっていることが多いのです。「傘岩」の場合も,なだらかな曲面をしていること,高さ4m程ですから,このような考えが成り立つと思います。
 「傘岩」のすぐ隣にあるのが「千畳敷岩」(右の写真)。これは表層のマサ土が侵食によって除去されて地表に現れた岩盤の部分でしょう。節理が発達しておらず,平らな一枚岩のようになっており,これもなかなか珍しいものです。
 「傘岩」は,風化作用による花崗岩の絶妙な造形物であることを評価され,昭和9年(1934)に国の天然記念物に指定されました。

<岐阜県恵那市>



Back
Index
Next
Home