次 月 の 鬼 岩
The granitic tor named Oni-iwa (ogres rock) in Mitake Cho and Mizunami City, Gifu Prefecture
 恵那峡から西方約20kmに次月(しづき)と言う珍しい地名があります。次月には土岐花崗岩が露出し,これは恵那峡の苗木花崗岩(白亜紀後期〜古第三紀初め)と同じマグマ起源のものと考えられています。次月を流れる鬼岩川沿いには,中国の山水画に描かれるような奇岩怪石が見られます。この奇観はトアと呼ばれる織地形です(上二枚の写真)。花崗岩に発達する方丈節理が侵食されてつくられた地形をトアと呼んでいるのですが,それについては湖南アルプスの花崗岩トアで説明しました。湖南アルプスのトアは山頂から山稜にかけて発達しているのですが,次月では山稜にトアが発達し,そのトアから転落した巨石が渓流に積み重なっています(右の写真)。
 次月のトアは「鬼岩」と呼ばれています。鬼岩は「鬼の岩屋」に由来します。「鬼」とは鎌倉時代の関の太郎という盗賊のこと,「岩屋」とは渓流に重なる巨岩のあいだの空間のことです。つまり,鎌倉時代に関の太郎が次月の巨岩を根城にして,近在の人々や旅人に対し,悪逆の限りをつくしたと言う伝説に由来します。
 岩壁の巨岩には,蓮華岩,双ッ岩,烏帽子岩,臼岩などの名称が,渓流に積み重なる巨石には,屏風岩,俎岩などの名前が与えられています。「鬼の岩屋」の由来となった巨石間の大きな隙間は,鬼ノ岩屋,関ノ岩屋,中ノ岩屋と呼ばれ,岩屋くぐりとしてハイキングコースの見所となっています。
<岐阜県御嵩町・瑞浪市>
 現在の鬼岩は,ハイキングコースが鬼岩川沿いと両側の岩壁沿いに整備されており,四季を通じてその景観を楽しめるようになっています。特に,春の桜やツツジ、秋の紅葉のシーズンには多くのハイカーが訪れます。岩壁沿いのコースはアップダウンが激しく歩くには少し体力が必要ですが,渓流沿いは緩い登りとなっており,体力に自身のない方にもお勧めです。
 鬼岩は,方丈節理からトアに至る花崗岩の典型的な風化過程を示す例として,昭和9年(1934)に国の天然記念物に指定されました。



Back
Index
Next
Home