南 ア ル プ ス ふ も と の 中 央 構 造 線 露 頭
Anko outcrop of the Median Tectonic Line on the foot of the Minami-Alps, O-shika mura, Nagano Prefecture

 ← 領家帯    断層角礫      領家帯   断層角礫           三波川帯            →
 大鹿村は山また山の地です。村に通じる道は,北からの分杭峠,南からの地蔵峠,西からの小渋川沿いの3つしかありません。分杭峠と地蔵峠を結ぶ南北ルートが
良く知られた秋葉街道ですが,国道152号線とはいえ,車がやっとすれ違うことが出来る程度の道でしかありません。車で行くなら,中央高速道路松川インターを降り,
小渋川沿いに訪れるのが簡単です。
 大鹿村には,中央構造線(MTL)の断層露頭が何箇所かあり,MTL両側の地層や岩石がほとんど直立しているため,狭い範囲でMTLを挟む地体構造を見学できる
ことで知られています。MTLの西では,領家帯の花崗岩や変成岩,鹿塩ミロナイトなどの圧砕岩が,その東には三波川帯の変成岩,秩父帯の堆積岩が露出していま
す。今から1億年ほど前の白亜紀に,地下深所で生み出された地層や岩石を,狭い範囲で観察できるのです。大鹿村はこのような地質遺産を大切にして,中央構造
線博物館として分かりやすく展示しています(下左の写真)。
 中央構造線博物館を訪れたらまず,前庭に陳列されている岩石標本(右上の写真)を見学するとよいでしょう。前庭の真ん中をMTLが通過しており,その両側に領家帯や三波川帯と言った地質帯が配置されており,それぞれの帯を構成する岩石標本が地面に置かれているのです。じっくり観察すると,大鹿村一帯の地質帯と岩石の特徴を学ぶことができると言うわけです。
 MTLの断層露頭は安康と北川の2箇所にあります。聞いてみると「北川はすこし崩れているので,見学なら安康の方でしょう」とのこと。安康露頭へは博物館から国道152号線を地蔵峠方面に約8km進みます。
 安康の青木川河床に下りると目指す露頭がありました。パノラマ写真で断層露頭の全景を示したのが一番上の写真,断層面そのものをクローズアップで示したのが右の写真です。説明を加えると向かって左の茶褐色の岩石が領家帯,右の緑っぽい岩石が三波川帯の緑色片岩です。いずれも断層運動によってグシャグシャに破砕されています。
 両者に挟まれた黒い帯状の部分が断層面で,MTLの活動によって岩石がすりつぶされた部分で,断層粘土〜断層角礫と呼ばれる部分に相当します。MTLそのものの断層面を観察できたのはこれが初めてなので,すこし感激しました。この辺りのMTLは,主に白亜紀に活動したと考えられています。日本列島中央部の大地形やランドサット衛星画像を見れば分かるのですが,南アルプス付近は北上する伊豆弧が本州弧に衝突するすぐ近くに位置しています。衝突による応力の歪がここに集中し,南アルプスなどを隆起させたりMTLの方向を北側に変形させたと言うわけです。その隆起速度は,伊豆半島が直接本州弧に衝突し始めた約100万年前から,スピードアップしたと言われています。
 大鹿村の安康と北側の中央構造線露頭は,長野県の天然記念物に指定されています。地質見学をお勧めしたい場所の一つです。
野県大鹿村>



Back
Index
Next
Home