奥 飛 騨 郷 の 杖 石
The quartz porphyry dike named the Tsue-ishi (Tsue Rock) at Okuhida-go 
in Takayama City, Gifu Prefecture

<岐阜県高山市>
 奥飛騨郷を流れる高原川沿いに,杖石と言う巨岩がそびえています(左の写真)。高さは約70m,周囲は約250m,下から見上げるとなかなか立派な姿をしています。杖石の頂上には,弁財天が祭られておりお参りをすると良縁が授かるとさ言われます(上の写真) 。
 杖石は,侵食からまぬがれた石英斑岩からなる岩脈です。この石英斑岩は, 今から約8,000〜6,000万年前の白亜紀末から古第三紀に生じた酸性火成活動の産物で,大雨見山火山岩類(または大雨見山層群)に属しています。ちなみに同じ時期には,西南日本の内帯では,広い範囲に同じ酸性火成活動が起こっています。湖南アルプスのトアを作る田上花崗
岩も同時期の深成岩です。
 杖石には幾つかの伝説が伝えられています。その一つは,弘法大師にまつわるもの
です。大師がこの地を訪れたとき,雨があがったので杖を地面に突きたてお経を唱える
と,杖がみるみるうちに大きな岩になったと言う言い伝えです。
 もう一つは,武蔵坊弁慶にまつわる伝説で,杖石を弁慶の屹立する男根に見立て,頂
上の弁財天はそれを癒すための祠とする陰陽伝説です。私個人としては,ありふれた
弘法伝説よりも,杖石を弁慶の巨根とするお話の方が面白いですね。杖石は,旧上宝
村(現高山市)の「笠石」,「蓑石」とともに,高原郷の三奇石のひとつに数えられていま
す。



Back
Index
Next
Home