長 野 県 西 部 地 震 が 生 み 出 し た 自 然 湖
The dammed lake named Shizen-ko (nature lake) produced by the 1984 Naganoken-seibu earthquake
in O-taki Mura, Nagano Prefecture
<長野県王滝村>
 王滝村の「自然湖」は風景写真の格好の被写体となり,四季,天候,光の状況に応じて撮影された作品が,あちこちのコンテストを飾っています。この自然湖は俗称であって,正式に認められた湖名ではありません(平成21年現在)。どのようにして自然湖と呼ばれるようになったのか良く分かりませんが,湖が出来た理由はハッキリしています。自然湖は,1984年の長野県西部地震が生み出した堰止湖です。 
 長野県西部地震は,1984年9月14日午前8時48分に発生したマグニチュード(M)6.8の地震です。王滝村が震央(震源地)でしたので,王滝川や濁川沿いでがけ崩れ,地すべり,土石流が多発し,死者・行方不明29名,けが人10名,全壊及び流出家屋14戸,半壊家屋73戸,258箇所の道路損壊の被害を王滝村にもたらしました。実は,地下にあるはずの長野県西部地震の震源断層の所在は今でも良く分かっていません。その時の地震断層も地表で確認されていません。このことは,地下の震源断層が地表に活断層として現れていないことを意味しています。つまり,長野県西部地震が発生するまで地震予知の手がかりとなる活断層がこの辺りで認められておらず,したがって地震予知の空白地域だったのです(地震が起こるとは予想されていなかったと言うことです)。2000年鳥取県西部地震(M7.3)も同様でした。このことは,地震予知と言うものがいかに困難であるかを物語っています。
 さて濁川は御岳山麓から南に流れ,自然湖のすぐ下流で王滝川に合流します。長野県西部地震の時,濁川上流では大規模な山体崩壊(御岳崩れ)が発生しました。御岳崩れは岩屑なだれとなって濁川を落下し,やがて水と混じりあって土石流となり,大量の土砂となって王滝川を堰き止めました。自然湖はこの堰き止めによって生じた湖です。堰き止められた王滝川の水位は20〜30mも上昇したために成育していた立木が沈水し,神秘的な雰囲気を漂わせる「自然湖」となったというわけです。自然湖は,春の新緑、夏の深緑、そして秋の紅葉と,それぞれが湖面に反映し、湖面から突き出た立ち木とのコントラストとあいまって,風景写真家たちを魅了するようになったのです。
 実は,自然湖と同じような堰止湖は日本各地にあり,いずれも風景写真の定番撮影地となっています。古いところでは約2 万年前に男体山から流出した溶岩によって堰き止められた中禅寺湖(そして華厳の滝),また約8,000年前に燧ヶ岳の噴火によって生まれた瀬沼(そして尾瀬ヶ原),明治21年(1888)の磐梯山大爆発によって生じた檜原湖や小野川湖,大正4年(1915)の焼岳噴火によって生じた上高地の大正池などなどです。磐梯山や御岳山の噴火の場合には地元住民に大きな災厄をもたらした火山噴火ですが,一方では,美しい景観を私たちにプレゼントしてくれた自然の恵みと言うことになります。 



Back
Index
Next
Home