東 尋 坊 の 安 山 岩 柱 状 節 理
The andesite columnar joint of Tojinbo Cape in Sakai City, Ishikawa Prefecture
 <石川県坂井市>
 地質景観の日本ベストテンを選ぶとすると,東尋坊はその中に必ず入るでしょう。それほど,東尋坊に発達する安山岩柱状節理は,見事で有名です。東尋坊の露頭写真が,多くの地質関係の書籍や教科書に掲載されていることが,そのことを示しています。
 東尋坊の安山岩は東尋坊安山岩と呼ばれ,今から1200-1300万年前の中新世中期に噴出した火山岩です。東尋坊安山岩のほとんど大部分は溶岩からなり,安山岩に発達する柱状節理は,地表に流出したマグマが固結した過程で形成されたものです。東尋坊安山岩は比較的古い溶岩なので,クリンカーと呼ばれる溶岩表面のがさがさした赤茶色の部分は削剥されてしまい,今は見られません。これに対して,例えば今から約4000年前に噴出した伊豆半島の城ヶ崎安山岩溶岩の表面には,クリンカーが残されています。比較のために右に城ヶ崎の溶岩の写真を掲載しました。地表の赤茶けた部分がクリンカーです。これは新しい溶岩なので,クリンカーがそのまま残されているのです。
 東尋坊は北陸地方における有数の観光地です。東尋坊は海岸線が入り組んだ複雑な地形を呈し,海岸線には比高70mにも達する海食崖が連続しており,見ごたえのある景観をつくっています。崖の背後はフラットになっており,これは今から約12万年前に形成された中位段丘面です。ですから約12万年の間に約70mも隆起したことになります。海沿いには遊歩道が整備されており,見学しやすくなっていますが柵も何も無く,歩く時にはかなり注意が必要です。東尋坊は,昭和10年(1935)には国の天然記念物に指定されています。
城ヶ崎の安山岩溶岩→



Back
Index
Next
Home