韮崎岩屑なだれ
Nirasaki Debris Avalanche, Yamanashi Prefecture
<山梨県韮崎市〜北杜市>
 韮崎市から北杜市の釜無川沿いの国道20号線(甲州街道)を車で走ると,川の東岸沿いに高さ数10mの崖が延々と続き,崖には赤茶けた地層が露出していることに気がつくでしょう。この地層は韮崎岩屑なだれ堆積物と呼ばれており,八ヶ岳火山群南部の阿弥陀岳一帯の巨大崩壊によって堆積したことが分かっています。崩壊は更新世中期の今から数10万年前に発生したのですが,崩壊地にはその後,新たな火山が成長したので,今では崩壊の痕跡は残っていません。
 巨大崩壊の総容量はおよそ100億立方mで,日本列島では最大規模,世界でも有数の規模と言われています。ちなみに明治21年(1888)に起こった磐梯火山の山体崩壊の規模は12億立方mと推定されていますから,こちらの方が一桁大きいことになります。岩屑なだれ堆積物は,八ケ岳火山起源の大小の角礫(溶岩,凝灰岩)と火山灰からなる泥流〜火砕流の部分と,大小の溶岩岩塊からなる溶岩流の部分が雑多に入り混じっています(上二枚の写真)。
 韮崎岩屑なだれ堆積物の模式地は,穴山橋付近に露出する大きな崖です(上左の写真の崖)。橋の上に立つと上流側には崖の向こうに八ヶ岳(下左の写真)が,下流側には崖の向こうに富士山(下右の写真)を望むことができ,崖が延々と続いていることが良く分かります。実際,岩屑なだれの到達距離は正確に求められており,発生地の八ケ岳から韮崎市を経て,甲府盆地地下に伏在しつつ富士川までの48kmに達することが分かっています。堆積物の厚さは200mで,堆積後の地盤の隆起と河川の侵食によって,今では河床との比高数10mから100mに達する崖によって縁を限られた台地を作っています。台地の上にはそのときに運搬されて来た岩塊や山体片が多数の流れ山を作っています。大きいものでは500m,台地からの比高80mにも達しています。
 面白いのは,このような巨大流れ山は,八ケ岳からごろごろと転がって来たのではなく,遊園地にあるコーヒーカップのようにくるくる回転しながら運ばれてきたと考えられていることです。


Back
Index
Next
Home