富士山と鳴沢溶岩樹型
Fujisan (volcano Mt.Fuji) and Narusawa lava tree mould, Yamanashi and Shizuoka
Prefectures
 富士山の美しい姿は,葛飾北斎や歌川広重が描いた浮世絵によって世界中に知られてい
ます。風景写真の世界でも,岡田紅陽を初めとする多くの写真家によって素晴らしい写真が
撮られています。ここでは,富士山についての地質学的な成り立ちについてざっと紹介して
みます。
 富士山は標高3776mの活火山で,日本で一番高い山であることはご承知の通りです。外
形は典型的な成層火山で,溶岩や火砕物が層状に積み重なって出来ています。岩石はほと
んどすべてが玄武岩から成りますが,不思議なことは,日本列島で活動中の成層火山は,
すべて安山岩〜デイサイト質の岩石から構成されているのに,富士山だけが玄武岩から出
来ている点です。これが第一の特徴です
 もう一つの特徴は,富士山は三つのプレートが会合する三重点に位置する活火山だと言う
ことです。三つのプレートとは,ユーラシアプレート,北米プレート,フィリッピンプレートです
(ただし,いろんな証拠から,北米プレートの
部分はオホーツク(マイクロ)プレート,ユーラシアプレートの部分はアムール(マイクロ)プレートとするべきと考える研究者もいます)。富士山が日本で唯一の玄武岩質の成層火山であることと,三重会合点に位置する火山であることとは何か関係があると想像されますが,この点について明快に説明した本や論文は目にしたことがありません。
 さきほど富士山は成層火山であると言いましたが,もっと細かく見ると,古富士火山に新富士火山が重なった複合火山でもあるのです。さらにそれらの下には小御岳火山が伏在しています。小御岳火山も成層火山ですが,安山岩から出来ているので,玄武岩からなる富士山とは別の火山であると考えられています。この火山の形成時期はおよそ50万〜10数万年前です。小御岳火山の活動後,短い侵食期をはさんで古富士火山をつくった玄武岩の噴火活動が始まりました。この時期には標高3,000mに達したと言われています。活動時期はおよそ10万年〜1万数千年前で,噴出した火山灰は南関東地方に武蔵野・立川ローム層を堆積して

<山梨県・静岡県>
います。約1万年前以降は新富士火山の活動期と呼ばれ,古富士火山の上に今見るような成層火山を形成しました。  8,000年前頃までは山頂からの噴火が活発で,多量の溶岩を山頂から噴出していますが,その後はほとんどが側火山からの活動となり,1707年(宝永4年)の側火口(宝永火口)からの噴火に至っています。その後,300年間は一切の噴火活動を行っていませんが,新富士火山では平均して100年ごとに噴火しているので,300年間ものあいだ噴火しない理由は良く分かっていませんが,不気味な感じがします。このように富士山については,成層火山でありながらなぜ玄武岩からできているのか,なぜ1707年以降の300年間も噴火していないのか,良く分かっていないことが多いのです。
 さて,富士山の裾野には幾つかの溶岩樹型があります。「浅間山の溶岩樹型」のページで説明しましたが,溶岩樹型とはマグマが固まった溶岩に保存された樹幹や枝の跡(型)のことです。玄武岩溶岩や安山岩溶岩でよく見られます。ここで紹介する鳴沢溶岩樹型は特別天然記念物に指定されており,玄武岩溶岩によって生じた竪穴タイプの溶岩樹型です。864年に長尾山と言う噴石丘(またはスコリア丘)から噴出した青木が原溶岩によって出来たと言われています。ちなみにこの青木が原溶岩は今の西湖と精進湖の間に流れ込み,それまで一続きの湖であったのを二分して西湖と精進湖を作ったと言われています。



Back
Index
Next
Home