黄 金 崎 の プ ロ ピ ラ イ ト
−伊豆半島の地質トピック,その2−
Propylite at Cape Kogane-zaki in Nishi-Izu-cho, Shizuoka Prefecture
− the topics on the geology of the Izu Peninshula, no.2 −
 <静岡県西伊豆町>
 西伊豆町の黄金崎から松崎にかけての半島西海岸は,夕景の素晴らしさで知られています。単に水平線に沈む太陽だけでなく,海岸の奇岩怪石,沖合いに点在する島や岩礁,それらの上に生育する松などが美しい前景となってくれるので,格好の夕景撮影ポイントとなっています。黄金崎はその撮影ポイントの一つで,黄金色に染まる岩石海岸と沖合いに沈む夕陽と小島のバランスが魅力となっています(右の写真)。晴れた日には,遠く富士山も見ることができるそうです。
 夕日を受けて黄金色に輝く黄金崎の秘密は,その岩石にあります。この岩石は安山岩がプロピライト化作用を受けて風化したもので,普通の光線状態では黄褐色に見えます。この黄褐色の安山岩に夕陽が当たると赤みが増し,黄金色に染まるのです(左の写真)。黄金崎の名称はこれに由来します。
 黄金崎の安山岩は中新世の湯ヶ島層群上部に属しています。湯ヶ島層群上部は安山岩の溶岩や火砕岩から構成されており,伊豆半島中央部から黄金崎を含む半島西岸にかけて広く分布し,全体に強いプロピライト化作用を受けています。堆積当時は地上に噴出した安山岩だったのですが,その上に新しい溶岩がどんどん積み重なって地下深く埋れ,熱水によるプロピライト化作用を受けたのです。
 黄金崎は昭和63年(1988)に静岡県の天然記念物に指定されました。現在では公園として整備され,遊歩道や展望台もあって,気軽に観光や写真撮影を楽しめるようになっています。



Back
Index
Next
Home