爪木崎の安山岩柱状節理とハイアロクラスタイト
−伊豆半島の地質トピック,その4−
The andesitic columnar joint and hyaloclastite at Cape Tsumeki-zaki in Shimoda City, Shizuoka Prefecture
The topics of the geology on the Izu Peninshula, no.4
 下田市の爪木崎半島も風光明媚の地で,伊豆半島でもお勧めの観光地の一つです。なにより温暖で,年末の12月から水仙が咲き始めます。地質の見所も多く,白浜層群(中新世)堆積当時の海底火山活動の痕跡が,海岸沿いのあちこちに見られます。ここでは,柱状節理とハイアロクラスタイトについて紹介しましょう。
 柱状節理は爪木崎灯台西側の海食崖に見事なものが見られます(左上の写真)。城ヶ崎の「大淀小淀」と同じく断面が六角形をしており,俵石と呼ばれています。岩石は輝石を含む安山岩で,手にとってルーペで拡大すると,白色の斜長石と黒色の輝石の粒が観察できます。同じ安山岩でも,城ヶ崎の方は完新世の約4,000年前,爪木崎の方は中新世後期の約1,000万年前であり,噴出年代には二千倍以上の差があります。掲載した写真は日の出直後に撮影したもので,低いライティングのおかげで色味がやや赤くなり,陰影もはっきりとして立体感がでています。ただ海岸に降りて,もっと近くから撮影すべきだったかもしれません。機会があれば,再チャレンジしたいと考えています。
 一方,ハイアロクラスタイトは「たかんば岬」で見られます。たかんば岬に行くには,爪木崎灯台の手前にある爪木崎公園に車を置き,東に向かって500mほど歩きます。岬には茶褐色をした石炭の燃えカスのような岩石が露出しています。これがハイアロクラスタイトです(右上の写真)。ハイアロクラスタイトは水冷火砕岩の一種で,マグマが水底に噴出したり流れ込んだりしたときに,マグマの表層が海水によって急速に冷却され,鉱物の結晶となるヒマがなく,ガラスのまま固まったものです。更に固まったときに急激に収縮破砕されて角礫のようにな
り,外観がガサガサした感じとなります。外観が茶褐色となったのは,陸化した後に鉄分が風化したためです。
 上に,柱状節理の発達する火山岩(左)と,ハイアロクラスタイト(右)の写真を並べてみました。マグマがゆっくり冷え柱状節理の発達する火山岩と,急速に冷えて出来たハイアロクラスタイトとの外観の違いをじっくりと見てください。
 ハイアロクラスタイトは,成因から分かるように,海底の枕状溶岩・溶岩円頂丘(溶岩ドーム)・岩脈の表面に形成されることが多いようです。
 ハイアロクラスタイトの特徴の一つに珪化作用があります。これはマグマが海底に噴出したときに熱水と反応して,岩石中の多くの化学成分が溶脱して白色の珪酸(SiO2)が増加する作用で,変質作用の一つです。したがって,珪化作用の進んだハイアロクラスタイトの内部は白く変色します(右の写真)。
 たかんば岬のように,ハイアロクラスタイトをしっかりと観察できる場所は珍しいと言えます。ご興味のある方は一度,訪れると良いでしょう。

 <静岡県下田市>



Back
Index
Next
Home