伊 豆 半 島 城 ヶ 崎 海 岸 の 溶 岩 と 大 室 山
−伊豆半島の地質トピック,その5−
Jogasaki lava derived from the volcano Mt.O-muro-yama in the Izu Peninsula, Shizuoka Prefecture 
−the topics on the geology of the Izu Peninshula, no.4 −


<静岡県伊東市>
 伊豆半島で最も新しい火山活動が,伊東市一帯に点在する東伊豆単成火山群の噴火です。この火山群は小規模・多数の単成火からなり,更新世後期から完新世(10数万年前〜現在) に活動し,玄武岩質〜安山岩質の溶岩や火砕岩を噴出しました。その中で代表的な大室山 (写真)は,今から約4000年前に噴火し,流出した溶岩は4〜5km東方の城ヶ崎海岸まで達しました。今回は,この大室山と城ヶ崎で見られる溶岩を紹介します。
 大室山の噴火は,まずスコリアと岩塊の爆発的な空中への放出からはじまり,次いでスコリアの大量放出が続きました。この時に,頂部が切り落とされたような,基底の長さ900m,比高250mの円錐形のスコリア丘(大室山:海抜580m)が形成されました。空隙の多いスコリアは水などの揮発成分が多いマグマによって出来ますから,スコリアの大量放出はマグマの揮発成分が多かったことを示します。スコリアの放出が続いて揮発成分が少なくなると,今度は地表への安山岩溶岩の流出となりますが,マグマはスコリアよりも重いので,火口からではなく山体を突き破って割れ目から流出します。その一部が城ヶ崎海岸にまで達したのです。
 海岸沿いには自然研究路が整備され,つり橋や磯に下る道もあって,海岸美を堪能できるようになっています。崖の高さは20〜30mあり,崖には安山岩溶岩が綺麗に露出しています。海岸に点在する特徴のある岩礁,磯,入江などには固有の名前が与えられていますが,その一つである,大淀,小淀に降りてみました。この磯では海中に流れ込んだ溶岩の断面を最も良く観察できます。
 まず目に付くのが磯の見事な柱状節理です(左の写真)。柱状節理については大岩屋の玄武岩柱状節理小原の材木岩で紹介したのでここでは繰り返しませんが,節理の水平断面を観察できる露頭はめったになく貴重です。また節理によって作られた岩柱の太さが,海に向かって急速に小さくなることにも気がつきます。目を崖に転じてみると(左下の写真),鉛直方向の割れ目(柱状節理)が一定の間隔で発達していますが,上に向かっては溶岩の冷却過程を反映し,短柱状の柱状節
理→板状節理→水平方向の節理なし→角礫状のクリンカー(下右の上の写真)と変化しています。城ヶ崎海岸の安山岩溶岩のように,厚さが数10mあり,上下面や側面にクリンカーが発達している溶岩を「アア溶岩」と言います。「アア」とは面白い呼び名ですがこれはハワイ島でのポリネシア語に由来するものだそうです。ちなみに溶岩の種類としては「パホイホイ溶岩」と言うものがあります。これは粘性がアア溶岩よりも小さいので流動性が高くて厚さが薄い溶岩です。風景写真で「細い縄が幾重にもよじれたような溶岩」の写真を時々目にしますが,あれがパホイホイ溶岩です。下右の下の写真は,海水に接触して破砕した溶岩(自破砕溶岩)です。急速に冷却したために,このように小さい割れ目ができました。枕状溶岩は水中で形成されますが,こちらは水面上での形成と言う違いがあります。
 ところで城ヶ崎海岸については,しばしば「リアス式海岸」と言う紹介がなされていますが,これは正しくありません。リアス(式)海岸は,別名沈水海岸ともいい,入り組んだ海岸地形が沈降し,そこに海が進入してできたものです。伊豆半島全体は逆に隆起を続けているのです。しかしながら,地形図や航空写真を見ると,城ヶ崎海岸はリアス式海岸のように,複雑に入り組んだ入江や崖からなることは事実です。なぜこのような複雑な海岸地形ができたのでしょうか? テフラ研究の権威である町田 洋氏の説明を紹介しましょう(「写真で見る火山の自然史」,p43)。大室山から城ヶ崎海岸に達した溶岩は海水によって急速に冷却されて固結しそれ以上前進できなくなる→したがってその後からやってきた溶岩は固まった溶岩とは別の道筋を流れざるを得ない→こうして次々とやってくる溶岩は異なった道筋を進むので,「やつでの葉」のような海岸線ができる,と言うわけです。
 城ヶ崎海岸はまだまだ見所が多い場所です。機会があれば再訪して,もっと紹介してみたいと思っています。



Back
Index
Next
Home