丹 那 断 層 と 火 雷 神 社−左横ずれの活断層−
−伊豆半島の地質トピック,その6−
The Tan-na Fault − a left-lateral active fault −,and the Karai Jinja (Karai Shrine)
−the topics on the geology of the Izu Peninshula, no.5 −
 昭和5年(1930)11月26日早朝,伊豆半島北部を震源地とする北伊豆地震が発生しました。北伊豆地震は典型的な直下型地震で,規模はマグニチュード7.3,揺れの強さは静岡県三島市で震度6を観測し,被害は死者272名,全壊家屋2165戸におよび,各地で山崩れや崖崩れをもたらしました。地震のさいに出現した南北方向の地表断層(地震断層)は,長さが約35km,左横ずれ変位量は最大2〜3.5mに達しました。北伊豆地震をもたらした震源断層の集まりを,北伊豆断層系と呼んでいます。
 丹那断層は北伊豆断層系の主要な構成断層で,伊豆半島北部の函南(かんなみ)町から伊豆の国市浮橋までの約13kmにほぼ南北方向に伸びる活断層であり地震断層です。活断層の活動度は千年あたりの垂直あるいは水平変位量によって,A級(>1m/千年),B級(1m〜0.1m/千年),C級(0.1m/千年>)に分けられていますが,丹那断層の左横ずれ変位量はA級なので最も活動的な断層に分類されます。
 丹那断層は当時建設中だった丹那トンネルを直撃し,トンネル用坑道を北へ2.7mずらしました。断層による変位が現実の工事に影響を与えた初めての例として注目を浴び,その後の日本における活断層研究のきっかけとなりました。
 当時の断層変位は今では大部分が失われていますが,顕著な例が2箇所,昭和10年(1935)に国の天然記念物に指定され,保存されています。その一つが丹那盆地乙越の宅地跡です(上2枚の写真)。右の見取り図(分かりやすいように南北を逆さまにしています)と左の写真を照らし合わせて見ると,丹那断層が敷地の真ん中をほぼ南北に通過しており,塵捨場や水路が断層をはさんで左にずれているのが分かります。つまり丹那断層は,左横ずれ断層だと言うことです。
 敷地の北では深さ3m,幅3〜5mの断層を横切るトレンチ(溝)が掘られ,その跡が丹那断層地下観察室として一般に公開されています(下左右の写真)。左下は観察室から左上の敷地の範囲を写した写真です。断層は観察室の説明板の右コーナーの下を走っています。下右の写真が,そのクローズアップです。断層を挟んで時代の異なる地層が接しています。
 もう一箇所は,3.5km北に所在する火雷(からい)神社です(左の写真)。断層は右の石段を降りきった所を左右に走っています。
 石段下の鳥居の右半分が崩れているので分かりにくいのですが,崩れる前の姿を想像してください。すると鳥居が左に約1.5mずれていまることが想像できるでしょう。乙越でも,火雷神社でも,上下変位はわずかと言うことですから,丹那断層は横ずれ変位が卓越した左横ずれの活断層であると言えるのです。
 丹那断層は,地質調査や地形判読から,約50万年前から繰り返して活動し,左横ずれ累積変位量約1km,断層西側の隆起量100m以上,活動度は1000年当たりの横ずれ変位が2mに達するA級活断層であることが判明しています。また,昭和55〜57年(1980〜1982)に3箇所で実施されたトレンチ調査の結果,丹那断層は過去7000年間に9回の地震を発生させ,再来周期は700〜1000年であると分かりました。そのうちの一回は承和8年(841)の伊豆国地震に当たるものと考えられています。つまり丹那断層は,歴史時代に二回活動したことが確認されている稀有な活断層です。とは言え,再来周期が700〜1000年ですから,丹那断層が次に地震を引き起こすのは500年以上も先と言うことになり,その意味では安全な断層だと言えます。



Back
Index
Next
Home