トンボロと三四郎島 ―陸繋砂州と陸繋島―
−伊豆半島の地質トピック,その7−
Sanshiro-Jima Island ―a tombolos and a land-tied island―
−the topics on the geology of the Izu Peninshula, no.6 −

<静岡県西伊豆町>
 砂州によって陸とつながった沖合いの島を陸繋(りくけい)島と,その砂州のことを陸繋砂州あるいはトンボロ(イタリア語)と言います。代表的な陸繋島としては,例えば函館市の函館山,紀伊半島南端の潮岬,福岡市の「海の中道」から志賀島,湘南海岸の江ノ島などがあります。ここ伊豆半島西海岸にある三四郎島も陸繋島の一つです(上の写真)。場所は堂ヶ島のすぐ北にあるので,一緒に見学すれば良いでしょう。
 三四郎島は,象島,中ノ島,高島と大小の岩礁からなる島で,陸に一番近い島が象島です。象島は全体の形が象に似ており,デイサイト溶岩に発達した柱状節理が象皮の皺のように見え,大変ユニークです。
 三四郎島の名は,源平争乱の時代,中ノ島に隠れ住んでいた三四郎と呼ばれる若武者に,伊豆に潜んでいた源頼朝が決起したとの知らせを伝えようとした小雪が,中ノ島にたどり着けづに,波間に沈んだと言う,悲恋の伝説に由来するそうです。この伝説とは別に,見る角度によって,島が3つ,あるいは4つに見えたりするからだと言う説もあります。一番手前の象島につながる陸繋洲は干潮のときだけ海面上に現れますから,渡渉するためには,干潮の日時を確かめて出かける必要があります。ただし干潮でも50cm以上,潮が引かないと歩いて渡ることが出来ないそうです。西伊豆町観光協会HPによると, 3〜9月の大きく潮が引くときに渡ることができるそうです。
 洲の前に立ち,洲に向かって両側から波がゆっくりと押し寄せる光景は,ほかではあまり見られない光景です。月光とからめて撮ればどのような写真になるのでしょうか?




Back
Index
Next
Home