田牛のサンドスキー場
−伊豆半島の地質トピック,その8−
The sand ski slope at Toji in Shimoda City, Shizuoka Prefecture
  The topics of the geology on the Izu Peninshula, no.8
 伊豆半島の地質や撮影地についてあれこれ調べていくうちに,「サンドスキー場」という名称に目が止まりました。サンドはという意
味ですから,砂のスキー場ということになりますが,そんなスキー場があることはいままで知りませんでした。WEBで調べてみると,切
立った崖のふもとに急斜面のスロープが発達している画像があり,どうやらこれがお目当てのサンドスキー場のようです。場所は下田
市なので,爪木崎の撮影を終えたその足で現地に向かいました。
 下田市の街並みを南に通り抜け,国道136号線は吉佐美(きさみ)交差点を右折,道なりに車を走らせると,田牛(とうじ)海水浴場の
手前に「サンドスキー場」の小さな看板が目に入りました。少し先に無料駐車場があり,車を置いてスキー場に向かいます。看板の横
に海岸に降りる急な石段があり,そこに立って海岸を望むと,左側に切立った崖があり,そのふもとには砂からなる急なスロープが発
達しています。これがサンドスキー場のようです(上左の写真)。
 海岸にすぐには降りず,しばらく眺めているうち,面白いことに気がつきました。一つは,スロープ脚部から浜辺にかけて,礫がぎっしりと堆積していることです。このような礫からなる浜を礫浜と呼んでいます。もう一つは,崖をつくっている地層が,ルーズな礫岩から出来ていることです。礫岩といっても礫と礫の間は多量の砂によって充填されています(上右の写真)。
 このような地形ないし地層は,どうして出来たのでしょうか。ヒントは,切立った崖に露出している礫岩,スロープをつくる砂,その下にある礫浜の三者の関係にあるでしょう。三者の関係を基に考えますと,このサンドスキー場は次のようにして出来たと考えられます。
 
1.このスロープは地形学で言う崖錐です。切立った崖から生産され た岩屑が,崖下に積み重なってできた堆積地形が崖錐です。崖錐は 主に雨水や重力による岩屑の生産によって形成されます。
2.普通,崖錐を構成する岩屑は角礫なのですが,ここでは岩屑の供 給源である崖が砂に富むルーズな礫岩のため,岩屑は,下へ下へと 移動するうちに礫と砂に分離され,より軽い砂は上に残り,より重 い礫は下に転がり落ちます。そして,たまたま崖下が平地であった ため,波による岩屑の除去をまぬがれたのです。
3.スロープの下に転がり落ちた礫は,波の作用によってより円磨さ れ篩い分けされ,円礫が綺麗にならんだ礫浜になったと考えられま す(右上の写真)。
4.「このスロープは,風によって砂が巻き上げられてできた。」と の説明を目にしましたが,いままでの説明から分かるように,考え にくいと思います。例えば,右下の写真で分かるように,スロープ 下部にも礫が点在しています。風によってこのような大きな礫が, ここまで巻き上げられるとは考えにくい話です。また下ほど礫が密 集しています。これは,重力によって礫が転げ落ちたことを示すも のです。

 ちなみに地質図を見ると,この崖をつくる地層は,爪木崎と同じ中新世の白浜層群だそうです。
 ところで,ネットで調べてみると,サンドスキー場は知多半島の内海にもあったそうです。ただし内海では,海岸沿いの砂丘にスキー場があったそうです。知多半島は以前,地質調査で詳しく歩いたことがあるのですが,内海のサンドスキー場のことはまったく知りませんでした。機会があれば,ぜひ現地を訪れて調べてみたいと思います。思いがけず,楽しみがまた一つ増えました。

<静岡県下田市>



Back
Index
Next
Home