三浦半島荒崎海岸の地層美と傾斜不整合
Lithofacies and unconformity of the Miocene Misaki Formation
in the Miura Peninsula, Kanagawa Prefecture



   三浦半島はプレート性地震によって断続的に隆起しているので,あちこちの海岸で隆起した海食台や海食崖が見られます。そこには,三浦半島の基盤の新生代後期の地層が露出し,美しい海岸美を形成しています。その代表が城ヶ島であり,ここで紹介する荒崎海岸です。
 荒崎海岸の地層は城ヶ島と同じく三崎層です。三崎層の地層は厚さ数10cmぐらいで横に良く続いており,何種類かの地層が重なっています。左の写真で言うと灰白色〜灰色の地層がシルト岩と砂岩,黒灰色〜黒色の地層がスコリア凝灰岩です。また崖を観察すると,とことどころ白色緻密な地層が挟まれているのが分かります。これは凝灰岩です。
  三崎層は海底に堆積したフリッシュ堆積物であり,最近の研究から相模トラフに堆積し,その後,フイルッピン海プレート(PHS)のユーラシアプレート(URP)へのもぐり込みによって陸側に付加された地層と理解されています。地層の層理面が60度以上傾いているのは,付加されたときに大きく変形したためです。
 海食崖にはとことどころ大きな海食洞が見られます。また三崎層の上には,下の写真のようにローム層が水平に重なっているのが分かります。この関係を傾斜不整合と言います。この露頭の傾斜不整合から,@三崎層が海底で水平に堆積し,A地殻変動(PHSのURSへのもぐり込みによる付加)によって傾動隆起し,Bさらに隆起陸化して侵食され,C侵食面にローム層が重なった地史が読み取れます。
<横須賀市長井の荒崎公園>


Back
Index
Next
Home