城 ヶ 島 の 踊 り タ フ
Flame structure named Odori-Tuff at Jogashima
in the south end of the Miura Peninsula, Kanagawa Prefecture

 写真1 画像の斜め左上から右下に走るのが断層です。断層の右
側の地層が 左側の地層にのし上がっているので,この場合は逆断
層と言うことになります。城ヶ島にはこのような小断層が沢山発達
しているので,小断層の形成機構を調らべると,当時この地域にて
いていた応力が分かるのです。
 城ヶ島の隆起海食台には地層が良く露出しているので,昔から地質の観察会や研究が盛んでした。ここの地層は三浦層群三崎層と命名されており,シルト岩,砂岩,スコリア凝灰岩,スコリア質砂岩の重なりからなり,白い凝灰岩をはさんでいます。写真1で言えば,灰色から黒っぽい地層が,スコリア凝灰岩〜スコリア質砂岩,白くて炎のような模様があるのが地層が凝灰岩です。地質年代は約1200万〜400万年前とされ,最近の研究から付加体と考えられるようになりました。
 城ヶ島の地層の見所の一つに「踊りタフ」があります。「踊りタフ」は俗称ですが,その形がまるで「踊っている人」のように見えるのでそう呼ばれているのでしょう。
 「踊りタフ」は堆積構造の一つで,用語としては火炎(フレーム)構造(flame structure)が正しい呼び方です。「タフ」は凝灰岩のこと,「flame」とは炎,火炎のことです。
 堆積したばかりでまだ固まっていない泥の上に,流れてきた粗い砂がドサッと重なると,その荷重で泥が上に入り込んで,ちょうどゆらめくローソクの炎のような形になります。このような現象によって出来る堆積構造を荷重痕と言いますが,火炎構造もその一種です。
  普通は泥で出来ているのですが,城ヶ島の場合は凝灰岩(タフ)です。ですから「踊りタフ」と呼ばれているのでしょうね。

     写真2 同じく小断層によって切断された凝灰岩です。

写真3 写真1と2は火炎構造の断面を見ているのですが,これは火炎構造の平面の様子を見ています。つまり写真1と2は地層の断面を,写真3は地層の平面(層理面)を見ているのです。 


Back
Index
Next
Home