城ヶ島の馬の背洞門
Uplifted sea cave, named Umanose-Domon, caused by the 1923
Kanto Earthquake at Jyogashima, Kanagawa Prefecture
 <三浦市
 踊りタフ」の露頭から海岸線に沿って1kmほど東に進むと,馬の背洞門にやってき
ます。侵食によってアーチ状にくり抜かれてできた海食洞門です。高さ8mもあるそう
です。良く知られているように,1923年の関東地震によって城ヶ島一帯は約1.4m隆
起しました。馬の背洞門も隆起して,それまでは小船で通過できたのが出来なくな
ってしまったそうです。地震隆起を示す証拠として良く教科書にのっていますが,地
形から見ると,隆起海食台の一種です。



Back
Index
Next
Home