南 関 東 の 最 終 間 氷 期 の 化 石 密 集 層
The two fossil concentrations in the Last Interglacial Stage from southern Kanto
<千葉県印西市>
 第四紀後半(約100万年前〜現在)には氷期と間氷期が何度も繰り返しました。今から13万年前〜7万年前は,最終間氷期と呼ばれる温暖な時期に当たるのですが,その中でも12.5万年前頃は最も暖かく,日本列島のみならず地球は今よりはるかに温暖でした。海水準はその前の氷期から一気に120mほども上昇し,海面は今より約6mも高かったと言われています。この海進は日本では下末吉(しもすえよし)海進と呼ばれ,関東一円は古東京湾と呼ばれる内湾となり,各地に温暖な化石を含む地層を堆積しました。房総半島北部の木下(きおろし)層と,常総台地の見和(みわ)層はその代表的な地層で,各地の露頭から密集した貝化石を多産します。ここでは,国の天然記念物に指定されている木下層の露頭と,霞ヶ浦北岸の見和層の露頭を紹介します。
 木下層は下総層群を構成する累層の一つで,上岩橋層に重なり,常総粘土層に覆われています。昔は成田層とも呼ばれていました。紹介する木下層の露頭は,成田線木下駅から南東へ,徒歩20分の木下万葉公園に露出しています(上右の写真)。ここから産出する主な貝化石は,バカガイ,キオロシアサリ,サラガイ,タマキガイ,マメウラシマガイで,現在でも東京湾の海岸からその沖合いに生息している種類です(看板の記述より)。ただし,貝化石が多産する層準は道路から約15mの高さに位置する上に,道路と崖のあいだには柵が設けられており,近くによって観察することができません。とりあえず望遠レンズで思いっきり引張って貝化石の密集部を撮影したのが左上の写真です。右手に進むと崖沿いに階段があり,ここからは近くから観察できますが,化石の密集部は堆積した状態をそのまま保っておらず,観察するには不向きとなっています。天然記念物に指定されながら,十分に観察や見学できないようになっているのは残念と言うほかありません。
 一方,見和層は13〜12万年前に常陸地域に堆積した最終間氷期高海面期の地層で,房総半島の木下層に対比されています。3つの部分に分けられており,下部は埋没谷を埋積した軟弱な泥層で内湾の貝を含んでいます。中部は河川の礫層,上部は広い範囲に分布しており,砂〜礫混じりの浅海成の砂層です。この上部の基底はフラットで,急速な海面上昇によって形成された旧波食台と解釈されています。紹介する見和層の露頭は,霞ヶ浦北岸の崎浜横穴古墳群において見られます(上の写真)。この露頭は道路沿いにあり,車で行けばすぐに見学することができ,その密集する様子は一見の価値があります(下2枚の写真)。ここの見和層はその上部に相当し,牡蠣殻の多産から当時この辺りは汽水〜浅海だったことが分かります。牡蠣が密集しているのは,波や潮流によって吹き寄せられたからでしょう。ちなみにここで見られる崎浜横穴古墳は今から1200〜1300年前のものと言うことです。あわせて見学すると良いでしょう。
<茨城県土浦市>



Back
Index
Next
Home