房総半島,沼のサンゴ化石
The Jomon coral fossil from the Numa Formation 
in the Boso Peninshula, Chiba Prefecture

 <千葉県館山市>
 館山市に分布する沼層は,縄文時代の造礁性サンゴ化石の産出で有名です。沼層は今から7千〜8千年前の地層であり,この年代は縄文海進期に相当しているので,沼層は縄文海進によって堆積したと考えられています。縄文海進は後氷期海進とも言われ,日本列島における最終氷期極相期((約2〜1.8万年前))から最高海面期(約6〜8千年前)までの海面上昇に伴う陸側への海進を指し,最高海面期には現在に比べて海面は2〜3m,海水温は数℃高かったと考えられています。沼層のサンゴはこの頃に生息し,90種のサンゴが同定されています。
 館山湾には今でもサンゴの群生地があって,世界で最北の群生地として貴重な存在です。これと沼層のサンゴ化石の比較検討から,沼のサンゴ礁は今よりも規模が大きくて種類も豊富であり,当時の海水温は数℃暖かかったものと推定されています。実際サンゴ化石と一緒に,今の館山湾では見られない亜熱帯性の貝化石も見つかっています。
 沼のサンゴ化石の産出地点の一つは,城山公園南西約1kmの沼(地名)の溜池のほとりにあり,そこは標高約20m,海岸線から約1km陸側の海成段丘に位置しています。最高海面期ですら海面は今から2〜3m高かった程度ですから,20mの高さになるためには何か理由を考えなければなりません。その原因として地震による土地の隆起が考えられています。房総半島南端は、関東大地震の時に最大約1m隆起しましたから,沼層堆積後に繰り返して起こった地震によって20mまで隆起したと考えられています。
 結局,沼の縄文海進期サンゴ化石の産出から,次のような点が分かります。@縄文海進時にここまで海が進入したこと,A今よりも海水温が数℃高かったこと,B地震によって土地が隆起したことです。@とAのように,地質時代の古環境を示す化石を示相化石と呼んでいます。地質時代を示す化石は示準化石と呼んでいます。
 沼のサンゴ化石産出地点は,鉄格子の囲いで保護されています。化石の盗難や破損を防ぐためにはやむを得ない処置だと思いますが,定期的な維持点検はあまりなされていないようです。ネットの画像にあったサンゴの種類を示す立て札は見当たらず,また雑草も伸び放題です。縄文海進の貴重な証拠として,昭和42年(1967)に千葉県の天然記念物に指定されています。



Back
Index
Next
Home