千 葉 の 房 州 石
The building stone named Boshu-ishi from Futtu City and Kyonan Cho,
 Chiba Prefecture
 日本列島に広く堆積している新第三紀層の凝灰岩や凝灰質砂岩は,柔らかくて整形し易く,耐火性があるので,家屋や土蔵の塀,壁,門柱などの建築石材として盛んに利用されました。その代表が栃木県の大谷石で,町を歩くと石塀に用いられているのをよく目にします。ここで紹介する千葉県の房州石も新第三紀層産の建築石材です。
 房州石は,房総半島西部から切り出された凝灰質の砂岩〜細礫岩石材の総称です。採石場は富津市から鋸南町にかけて点在し,その地名をとって,元名石(鋸南町元名),金谷石(富津市金谷),天神山石(富津市海良),高宕石(富津市高宕山)などと呼ばれていました。そのうち最も質の良いものが、鋸山の採石場から稼行された金谷石です。房州石の生産は、江戸末期安政年間に伊豆の石切職人によって始まったと言われています。明治時代には大量に稼行され、京浜方面へ盛んに移出されました。しかし大正時代になるとセメントに,戦後には大谷石にとって変わられ,現在ではまったく採石されていません。
 鋸山の採石場は,現在では日本寺境内の
一部となっているので,見学に行ってきまし
た。日本寺を訪れるには,鋸山ロープウェ
イ,鋸山観光自動車道,鋸山登山自動車道
の三通りがあります。車で行くなら後二者が
便利でしょうが,房州石について知りたけれ
ばロープウェイに乗って,山頂駅にある房州
石の展示室を見学して予備知識を得た上
で,日本寺を訪問しましょう。
 ロープウエィ山頂駅から境内へと登る途上
に石切場の跡があります。その跡を見ると,
房州石はお豆腐を切り取るように直角に切り
出されたことが良く分かります。
 境内に入ると,切り取ったその壁面を利用して百尺観音像(上右の写真)や大仏像(右下の写真)が彫刻され,また自然石を利用して千五百羅漢などの石像(右の写真)があちこちに彫られていることが分かります。とは言え,ここでの一番の見所は何と言っても「地獄のぞき」でしょう(上左の写真)。オーバハングした「地獄のぞき」に立つと,確かに足もすくむ思いです。
 房州石を供給した地層は,上総層群竹岡層や安房層群荻生層などの海成層です。これらの地層は凝灰質の砂岩や礫質砂岩からなり,岩石には軽石またはスコリアの岩片が多量に認められ,それら岩片が斜交葉理となって刷毛で吹いたような外観を呈します(右の写真)。この斜交

<千葉県富津市及び鋸南町>
葉理は谷型(トラフ型)斜交葉理です。この模様が景色となって房州石の商品価値を高めたのでしょう。
 ちなみに荻生層〜竹岡層は新第三紀〜第四紀(鮮新世後期から更新世前期)の若い地層で,房総丘陵を造る安房層群〜上総層群の一つの累層です。竹岡層は半島東部で黒滝層と呼ばれる黒滝不整合直上の地層と同時期に堆積した地層と考えられています。実は鋸山は,ほぼ東西に伸びる急な向斜構造の軸部に位置します。その有様は,この西にある明鐘岬を南北方向に横切って歩けば分かります。岬の南では地層は北に傾斜し,岬の北では地層は南に傾斜しています。つまり明鐘岬に東西方向の褶曲軸が走っていることになります。このような褶曲構造に加えて,竹岡層の砂岩は侵食にたいして比較的抵抗が強いため,鋸山として周辺よりも高い地形となりました。それが房州石の好適な石切り場になったと言うわけです。



Back
Index
Next
Home