房総半島嶺岡帯の枕状溶岩
Pillow lava in Komogawa City in the Boso Peninsula,
Chiba Prefecture

<千葉県鴨川市>
 昨年,館山自動車道が完成し南房総へのアクセスが格段に便利になりましたが,
高速を使えば,外房の鴨川市にも東京方面から3時間もあれば到着できます。さて
「鴨川青年の家」が建つ崖には,枕がいくつも重なったような玄武岩が露出していま
す。このような産状を示す玄武岩を特に「枕状溶岩」と呼んでいます。枕状溶岩は
水中で形成されるので,その岩石が水中で堆積した証拠となります。枕状溶岩は
玄武岩質の火山岩が分布している地域ではしばしば観察できますが,特に放射状
節理が見事なものが北海道根室市にあり,「根室車石」として天然記念物に指定さ
れています。
 三浦半島から房総半島にかけての地層や岩石は,地質学的にはひとつのまとま
りとして扱われますが,その中で最も古い隆起(構造)帯を葉山-嶺岡帯と呼んでい
ます。そこは古い,つまり硬い地層や岩石から構成されているので,周辺より高い
丘陵や山地となっています。嶺岡層群はその中でも一番古い古第三紀の地層で
す。鴨川市の玄武岩はその一員です。 
 現在では,三浦-房総の地層は,@相模トラフの本州弧側に付加された付加体
と,A隆起したその付加体と本州弧の間に形成された前弧海盆(関東平野を作っ
た盆地)を埋めた堆積物であると理解されつつあります。その中で嶺岡層群は最も
古い付加体とされています。詳しいことは鴨川漁港の弁天島・屏風島の火
成岩・変成岩を参照してください。



Back
Index
Next
Home