鴨川漁港,弁天島・屏風島の火成岩・変成岩
The plutonic and metamorphic rocks of Benten-jima and Byobu-jima Islands
in Kamogawa Port, Chiba Prefecture
 外房沿岸漁業の中心,鴨川漁港の防波堤から沖合いにかけては,弁天島,荒島,屏風島など,多くの小島や岩礁があります。弁天島,荒島,屏風島は防波堤から歩いて渡れますが,沖合いにも鵜島やトンガリ島などの岩礁があちこちに海上から顔を出しています。一番大きな弁天島でも長径が200m程度ですが,これらの小島や岩礁は嶺岡層群の火成岩や変成岩から出来ています。南房総の海岸には,海食されやすい柔らかい中新世の堆積岩が露出しているので,風景写真の被写体としてはあまり見栄えがしません。しかし鴨川近辺に露出する嶺岡層群やその周りを取り囲んで堆積している保田層群は硬い岩石からなるので,綺麗な形をした島・岩礁・海食地形,また岩石そのものも面白い造形をしているので被写体としてなかなか見栄えがします。
 さて嶺岡層群と保田層群に解説を加えると,この二つの層群が露出する地域は嶺岡帯と呼ばれています。正確には葉山-嶺岡(隆起)帯です。嶺岡帯をつくる嶺岡・保田層群は房総半島で一番古くて硬いので,隆起帯つまり山地(嶺岡山地など)を作っています。この隆起帯は房総半島から北西に伸びて三浦半島の葉山まで続くので,葉山-嶺岡帯と呼ばれているわけです。嶺岡層群は保田層群よりも古い地層で,主体は普通の堆積岩なのですが,変質や圧砕の進んだ火成岩や変成岩が点々と含まれています。弁天島などに露出する諸岩石もこれに相当するのですが,海岸部に露出しているので露頭条件が良く,アプローチも簡単なので観察するのに好適地となっています。
 弁天島では入り口で玄武岩が観察できます。粗粒玄武岩(ドレライトとも言います)ですが,一部は見事な枕状溶岩となっています(左上の写真)。奥に進むと斑れい岩が露出します。斑れい岩は塩基性深成岩で,二酸化珪素(SiO2)の乏しい完晶質の深成岩なのですが,ここでは表面の風化が進みまた蛇紋岩化が進んでいるのできれいな結晶は観察できません(右上の写真)。玄武岩は斑れい岩に岩脈として貫入しているようです。さらに奥に進むと,海食地形の一つである水道が見られます。弁天島北の荒島は凝灰岩からできています。
 南の屏風島では,防波堤に接して圧砕され蛇紋岩化した緑色の角閃石片岩が見られ,石英片岩などの岩塊が中に取り込まれています(左下の写真)。堤防のすぐそばの海中から突き出た小島は粗粒玄武岩です。ここでの両者の関係は見られませんが,多分玄武岩が片岩の岩体に貫入しているのでしょう。ちなみに,斑れい岩よりももっとSiO2成分の少ないかんらん岩やダナイトなどの超塩基性岩が,嶺岡山地脊梁
部に大量に露出しています。嶺岡層群の時代は確実なところはわかっていませんが,放射年代測定値(約3800万年前)などから古第三紀と推定され,保田層群は化石の証拠から漸新世〜前期中新世に対比されています。以上の変成岩,塩基性〜超塩基性岩,玄武岩の位置づけや形成時代についてはいろいろ見解が分かれてきましたが,最近では付加体の考えに基づいて,すべて同時期(古第三紀)の火成活動の産物と考えられています。つまり超塩基性〜塩基性のかんらん岩や斑れい岩は海洋プレートの断片と,玄武岩はこれらの岩石に貫入して海底に噴出した枕状溶岩と考えられています。この周囲の堆積岩は当時の海底堆積物というわけです。
 黒潮が洗う南房総は暖かく,冬から初春にかけてのお花畑(花摘み)で有名です。こういった観光資源のほかに,最近ではあちこちに地元の農産物や海産物を扱う「道の駅」や「直売所」ができています。岩石や地層の観察の後に,四季それぞれ新鮮な花,果物,野菜,海産物を買い求め,風光明媚な南房総の観光を楽しまれてはいかがでしょうか。

<千葉県鴨川市>


Back
Index
Next
Home