ボラの鼻の黒滝不整合
 The Pliocene Kurotaki Unconformity at Borano-hana
 in the Boso Peninsula, Chiba Prefecture

<勝浦市吉尾の海岸>
 黒滝(くろたき)不整合は房総半島と三浦半島にかけて広く追跡できる傾斜不整合です。東
京に近いこともあって,昔から地質学者のあいだで良く知られていました。
 不整合を挟んで,三浦層群(中新統−鮮新統)の上に,上総層群(鮮新統-更新統)が堆積
しています。上総層群基底と黒滝不整合の関係を半島規模で見ると,東から西に向かってだ
んだんと上位の地層が不整合面にぶつかっています。ボラの鼻は房総半島東端に位置する
ので,上総層群最下部の黒滝層が三浦層群清澄層に重なっています。
 露頭の上部の礫岩層が黒滝層です。その下に堆積している砂岩泥岩互層が清澄層です
 。この海食崖を良く観察すると,黒滝層は下位の清澄層を大きく削り込んでおり,非常に大
きな礫を含んでいることが分かります。このような特徴から,ここでの黒滝層は上総層群が堆
積した当時の海底谷に当たっていると考えられています。堆積物はこの海底谷を通って沖合
いに運ばれていたのです。礫岩はその海底谷を埋め立てた地層だと考えられています。



Back
Index
Next
Home